WebGL テンプレートの使用
WebGL での入力

WebGL のカーソルロックとフルスクリーンモード

カーソルロック ( Cursor.lockState 使用) とフルスクリーンモード ( Screen.fullScreen 使用) はともに、該当する HTML5 API (Element.requestPointerLock と Element.requestFullscreen) を利用して実装された Unity WebGL によってサポートされています。これらは、Firefox と Chrome でサポートされていますが、Safari では現在使用できません。

WebGL でカーソルロックとフルスクリーンモードを行う方法

セキュリティ上の理由により、ユーザーが発生したイベント (マウスクリックや、キーボードのキーを押す等) に対してブラウザが直接行える操作は、カーソルをロックしたりフルスクリーンモードにすることだけです。残念なことに、Unity には独立したイベントとレンダリングループがありません。そのため、Unity のスクリプトからトリガーされたイベントに、ブラウザがダイレクトにフルスクリーンやカーソルロックのリクエストを許可するまで、イベント処理は保留されます。結果として Unity は、ユーザーが起こした次のイベント(このイベントがカーソルロックかフルスクリーンをトリガーするものでない限り)への要求をトリガーします。

この動作をうまく行うためには、カーソルロックやフルスクリーンをマウスやキーをリリースするイベントの代わりに、マウスやキーを押下するイベントでトリガーします。こうすることにより、リクエストによって次にユーザーが行うイベントを遅延させているときに、ユーザーがマウスやキーをリリースするとトリガーされます。

Unity の UI.Button コンポーネントを使用する場合は、Button のサブクラスを作成して OnPointerDown メソッドをオーバーライドすることにより、動作を 実現できます。

フルスクリーンモードやカーソルをロックする前に、通知や許可を求めるメッセージがブラウザに表示されることがあります。

WebGL テンプレートの使用
WebGL での入力