Screen Space Ambient Obscurance
ティルトシフト

スクリーンスペースアンビエントオクルージョン(SSAO)

Screen Space Ambient Occlusion (SSAO) エフェクトはアンビエントオクルージョン(Ambient Occlusion) をリアルタイムで擬似的に後処理イメージ効果として再現するものです。互いに接近している折り目、穴、地表を暗くする効果があります。現実世界においては、環境光(Ambient light)で遮られた光効果を_オクルージョン_(無視)するため暗く見えます。

リアルタイムのアンビエントオクルージョンの現実の実装方法については、最新の Screen Space Ambient Obscurance エフェクトを参照してください。

その他の イメージエフェクト 同様に、このエフェクトは Standard Assets をインストールすることで使用できます。

SSAO をシーンに適用した例
SSAO をシーンに適用した例
比較のため SSAO なしでの同じシーンを描画。物体や植物が地面に接する付近の違いを見比べてください
比較のため SSAO なしでの同じシーンを描画。物体や植物が地面に接する付近の違いを見比べてください

プロパティー

プロパティー 機能
Radius この半径より隣接距離が短い場合アンビエントオクルージョンを適用します
Sample Count アンビエントオクルージョンのサンプリング回数 より高い値にすることで品質が上がりますが、オーバヘッドの負荷も上がります
Occlusion Intensity アンビエントオクルージョンが適用する暗さの度合い
Blur 暗くする際に適用するにじみ にじみなし(値を0)にすることで処理速度は上がりますが、暗くした場所のノイズが増えます
Downsampling 計算を行う際の解像度(例えば値を2に設定した場合は画面解像度の半分) より大きな値にすることでレンダリング処理の時間を短縮できますが、品質は低下します
Occlusion Attenuation オクルージョンを距離に応じて減衰させる強度
Min Z 画像の乱れが発生する場合はこの値を増加してください

説明

SSAO はアンビエントオクルージョンを擬似的に後処理イメージ効果として再現します。処理コストは画面解像度に単純に依存し、SSAO のパラメーターはシーンの複雑さの影響を受けません(現実世界ののアンビエントオクルージョンであれば複雑さも影響します)しかし擬似化により画像の乱れが発生しやすくなります。例えば、画面外のオブジェクトはオクルージョンに影響せず、オクルージョンの強度もビューアングルやカメラ位置に依存します。

SSAO は処理時間を相当に浪費しやすく、一般的にハイエンドのグラフィックカードのみで使用すべきです。SSAO を使用することで Unity はカメラのデプスおよびノーマルテクスチャをレンダリングさせることになりドローコール数を増加させてかつ CPU オーバーヘッドがかかります。しかしデプスおよびノーマルテクスチャは他の効果でも代用できます(例として Depth of Field など)一度テクスチャが生成されると SSAO 効果の残りの処理はグラフィックスカード上で行われます。

ハードウェア要件

This effect requires a graphics card that supports Shader Model 3 and depth textures. See the Graphics Hardware Capabilities and Emulation page for further details and a list of compliant hardware.

Screen Space Ambient Obscurance
ティルトシフト