アセットストアからアセットをインポートする
Standard Assets

アセットパッケージ

Unity パッケージ は、Unity プロジェクトのアセットを共有し、再使用するのに便利です。 例えば、Unity スタンダートアセット と Unity アセットストア のアイテムは、パッケージで提供されています。 パッケージ には、Unity プロジェクトのファイルやデータ、プロジェクトの要素などが含まれていて、 Zip ファイルのように圧縮され、一つのファイルに収められています。 Zip ファイルのように、パッケージは展開時にオリジナルのディレクトリー構造を維持します。 アセットのメタデータに関しても同様で、インポート設定や他のアセットへのリンクなどが維持されます。

Unity では、メニューオプションの Export Package で、ファイルやデータなどをまとめて圧縮保存し、 Import Package で、現在の Unity プロジェクトに展開します。

ここでは、次のことを説明します。

  • パッケージのインポート (スタンダードアセットパッケージ、カスタムパッケージ)
  • パッケージのエクスポート
  • 更新パッケージのエクスポート

パッケージのインポート

Unity が作成したアセットを提供するためにパッケージ化した スタンダードアセットパッケージ と、 ユーザーが Unity で作成した カスタムパッケージ をインポートできます。

Assets > Import Package > の順に選択して、パッケージをインポートします。

図 1: Asset>Import Package メニュー
図 1: Asset>Import Package メニュー

スタンダードアセットパッケージ

Unity 「スタンダードアセット」 は、以下のさまざまなパッケージで構成されています。 2D、Camera、Character、CrossPlatformInput、Effects、Environment、ParticleSystem、Prototyping、Utility、Vehicle

新規の スタンダードアセット パッケージのインポートは以下のとおりです。

  1. アセットのインポート先プロジェクトを開きます。

  2. Assets > Import Package > の順に選び、インポートするパッケージの名前を選びます。 Import Unity Package ダイアログボックスが開き、パッケージに含まれるすべてのアイテムが表示されます。 アイテムがインストールできる状態であることは、あらかじめ確認済です。(_図 2: インポート Unity パッケージ ダイアログボックスの新規インストール_ を参照)

  3. Import を選択すると、パッケージのコンテンツが Standard Asset フォルダーに収納されます。 そのフォルダーは、Project View からアクセスできます。

図2: Import Unity Package ダイアログボックスの新規インストール
図2: Import Unity Package ダイアログボックスの新規インストール

カスタムパッケージ

ご自身や他の Unity ユーザーのプロジェクトからエクスポートしたカスタムパッケージをインポートできます。

新規のカスタムパッケージのインポートは下記のとおりです。

  1. アセットのインポート先プロジェクトを開きます。

  2. Assets > Import Package > Custom Package… の順に選択すると、エクスプローラー (Windows) か Finder (Mac) が起動します。

  3. エクスプローラーか Finder で該当するパッケージを選択すると、Import Unity Package ダイアログボックスが表示されます。 アイテムがインストールできる状態であることは、あらかじめ確認済です。(「図 4: Import Unity Package ダイアログボックスの新規インストール」参照)

  4. Import を選択すると、パッケージのコンテンツが Assets フォルダーに収納されます。 そのフォルダーは、Project View からアクセスできます。

図 4: Import Unity Package ダイアログボックスの新規インストール
図 4: Import Unity Package ダイアログボックスの新規インストール

パッケージのエクスポート

独自の Custom Package を作成する場合、 Export Package を使用してください。

  1. エクスポートしたいアセットが含まれているプロジェクトを開きます。
  2. メニューバーから Assets > Export Package… を選択して Exporting Package ダイアログを表示します。 (図 6: Exporting Package ダイアログボックス 参照)
  3. ダイアログボックスのチェックボックスからパッケージに組み込みたいアセットを選択してください。
  4. エクスポート対象が使用しているアセットを自動的に選択する場合、 include dependencies チェックボックスはそのままにしておいてください。
  5. Export をクリックしてファイルエクスプローラー (Windows) や Finder (Mac) を立ち上げ、パッケージファイルを保存したい場所を選択してください。 名前と保存したい場所を選択します。

ヒント: パッケージをエクスポートする場合、 Unity は関連するものも同様にエクスポートできます。 そのため、例えばシーンファイルを選択してすべての関連アセットとともにパッケージをエクスポートした場合、 テクスチャやその他のシーンに存在するアセットも同様にエクスポートされます。 手動で配置しなくても、このようにすれば素早くエクスポートしたいアセットをまとめてエクスポートできます。

図 6: Exporting Package ダイアログボックス
図 6: Exporting Package ダイアログボックス

更新パッケージのエクスポート

パッケージの内容を変更し、アセットのバージョンを更新した新規パッケージを作成したいということがあるかもしれません。 以下のようにすれば実現できます。

  • パッケージに入れたいアセットファイルを選択してください(変更されていないものも、新しいものも選んでください)。

  • 上記で説明されている Export Package でファイルをエクスポートしてください。

注意: 更新されたパッケージの名前を変えることができ、 Unity はそれが更新されたものだと認識します。そのため、漸進的な命名ができます。例えば、 MyAssetPackegeVer1, MyAssetPackageVer2 という感じです。

ヒント: パッケージからファイルを削除し、同じ名前のもので置き換えるのはいい方法ではありません。 Unity はそれらが異なるファイルであり、コンフリクトを起こす可能性があると認識します。そのため、インポート時には警告マークを表示します。 ファイルを削除してそれを置き換えることを決定した場合、異なるファイルとして提供する方がいいですが、元の名前に関連したものにしましょう。

アセットストアからアセットをインポートする
Standard Assets