シーンビューコントロールバー
ヒエラルキーウィンドウ

ゲームビュー

ゲームビュー はゲーム内のカメラから見た絵をレンダリングしています。それはあなたが最終的に出力しようとしているゲーム画面です。あなたのゲームをしている時に、プレイヤーが今何を見ているかをコントロールするためにあなたは 1 個以上の Cameras を使う必要があります。Camera の詳細については、カメラを参照してください

プレイモード

エディター上のツールバーの Play Mode ボタンを押すと、ゲームが再生されます。再生モード中にあなたが行った変更は一時的なもので、再生モードを終了するときにリセットされます。変更が一時的なものだということを忘れないように、エディターの UI は暗くなります。

ゲームビューコントロールバー

ボタン 説明
Display シーンに複数カメラがある場合、これをクリックしてカメラのリストから選択します。Target Display ドロップダウンのCamera モジュールで Display をカメラに割り振ることができます。ここでは、デフォルトで Display 1 に設定されています。
Aspect 異なる値を選んで、Aspect 比率が異なるモニターでゲームがどのように見えるかテストします。デフォルトでは、Free Aspect に設定されています。
Scale スライダー ズームインしてゲームシーンの領域を詳細に検証できます。または、ズームアウトして、デバイス解像度がゲームビューのウィンドウサイズより高くなっている全体のスクリーンを見ることができます。ゲームが停止、または一時停止しているときは、スクロールウィールと中央のマウスボタンを使ってズームイン/アウトを行うことができます。
Maximize on Play これを有効にすると、プレイモードにしたときにフルスクリーンのプレビューができるようゲームビューの大きさが最大化され、エディターウィンドウの 100% のサイズになります。
Mute audio これを有効にすると、プレイモードにしたときにゲームのオーディオがミュートになります。
Stats これをクリックして、Statistics (統計) ウィンドウを表示/非表示にします。Statistics にはゲームのオーディオやグラフィックスについての レンダリング統計 が含まれています。これは、再生モード中にゲームのパフォーマンスをモニタするのに大変役立ちます。
Gizmos これをクリックして Gizmos の表示/非表示を切り替えます。プレイモードのときに特定のタイプの Gizmo だけを見るには、Gizmos のタブラベルの横の矢印をクリックしてドロップダウンを表示し、必要な Gizmo のチェックボックスだけをチェックします。
Gizmos ポップアップメニュー
Gizmos ポップアップメニュー

各コンポーネント名の横にあるアイコンと、それに関連するギズモの設定値は以下のとおりです。アイコン の設定でまた別のポップアップメニューが表示されます。そのポップアップはプリセットアイコンやテクスチャで定義されたカスタムアイコンのどちらかを選ぶことができます。

Gizmo 設定で選択した特定のコンポーネントに対してギズモ描画を無効にすることができます。

メニューの一番上の 3D Gizmos 設定は、ギズモのアイコンについてのものです。設定を有効にすると、アイコンが Camera に対してパースペクティブになり(すなわち、近くのオブジェクトのアイコンは遠くのオブジェクト用のものよりも大きくなります)、逆だと距離に関係なく同じ大きさになります。チェックボックスの横にあるスライダーを使用すると、アイコンのサイズを変化させることができます。これは目に見えるギズモがたくさんあるときに混乱を避けるために便利です。

シーンビューコントロールバー
ヒエラルキーウィンドウ