Asset Workflow
プリミティブとプレースホルダーオブジェクト

一般的なアセットのタイプ

画像ファイル

Unity は、BMP、TIF、TGA、JPG、PSD など、ほとんどの一般的な画像ファイル形式に対応しています。レイヤーを持つ Photoshop (.psd) ファイルを Assets フォルダーに保存すると、Unity はそれらをフラットな画像としてインポートします。Photoshop からアルファチャンネルで画像をインポートする方法画像をスプライトとしてインポートする方法 の詳細については、各ページを参照してください。

FBX とモデルファイル

Unity は FBX ファイル形式をサポートしているため、FBX をサポートする 3D モデリングソフトウェアからデータをインポートできます。また、Unity は SketchUp ファイルのインポートを元々サポートします。3D モデリングソフトウェアから FBX ファイルをエクスポートするときに最良の結果を得る方法については、FBX ファイルの最適化 を参照してください。

注意 最も一般的な 3D モデリングソフトウェアの 3D ファイルはネイティブ形式で保存することもできます (例えば、.max、.blend、.mb、.ma)。Unity が Assets フォルダー内でそれらを見つけると、3D モデリングソフトウェアの FBX エクスポートプラグインを呼び出してそれらをインポートします。ただし、それらは FBX としてエクスポートすることを推奨します。

メッシュとアニメーション

使用する 3D モデリングソフトウェアの種類に関係なく、Unity は各ファイルからメッシュとアニメーションをインポートします。Unity がサポートする 3D モデリングソフトウェアのリストについては、サポートされているモデルのファイル形式 を参照してください。

メッシュファイルにアニメーションをインポートする必要はありません。アニメーションを使用する場合は、すべてのアニメーションを 1 つのファイルからインポートしたり、それぞれに 1 つのアニメーションを含む複数のファイルをインポートすることができます。それぞれのアニメーションは 1 つのアニメーションで行います。アニメーションのインポートに関する詳細は、モデルのインポート を参照してください。

オーディオファイル

圧縮されていないオーディオファイルを Assets フォルダーに保存すると、指定した圧縮設定に従ってインポートされます。詳しくは オーディオファイルのインポート を参照してください。

他のアセットタイプ

どのような場合でも、Unity がインポートの元になるソースファイルを変更することは決してありません。Unity 内では、アセットを圧縮、変更、または処理する様々な方法を選択することができますが。インポートプロセスはソースファイルを読み取り、選択したインポート設定に合わせて、内部的にゲームに使用できるアセットの形態を作成します。アセットのインポート設定を変更したり、Asset フォルダー内のソースファイルを変更すると、Unity はアセットを再度インポートして変更を反映します。

Note: Importing native 3D formats requires that the 3D modeling software be installed on the same computer as Unity. This is because Unity uses the 3D modeling software’s FBX Exporter plug-in to read the file. Alternatively, you can directly export as FBX from your application and save into the Projects folder.

Standard Assets

Unity ships with multiple Standard Assets. These are collections of Assets that most Unity customers use. These include: 2D, Cameras, Characters, CrossPlatformInput, Effects, Environment, ParticleSystems, Prototyping, Utility, and Vehicles.

To transfer Standard Assets in and out of Projects, Unity uses Asset packages, available on the Unity Asset Store. Asset packages allow you to share and re-use Unity Projects and collections of Assets.

NOTE: If you chose not to install Standard Assets when you installed Unity, you can download them from the Asset Store.

Assets in the Unity Package Manager

You can install a wide range of Assets, including plug-ins, tools, and libraries directly into Unity through the Unity Package Manager (UPM). These are a new type of package, and are available through the Packages window. For more information about packages in general, see the Packages documentation.


Asset Workflow
プリミティブとプレースホルダーオブジェクト