IL2CPP を使ったマネージバイトコードストリップ
Debugging C# code in Unity

統合開発環境 (IDE) サポート

統合開発環境 (IDE) は、他のソフトウェアの開発を容易にするためのツールと機能を提供するコンピューターソフトウェアです。Unity は以下の IDE をサポートしています。

Visual Studio (Windows と macOS のデフォルト IDE)

Visual Studio is installed by default when you install Unity on Windows and macOS. On Windows, you can choose to exclude it when you select which components to download and install. Visual Studio is set as the External Script Editor in Preferences (menu: Unity > Preferences > External Tools > External Script Editor). With this option enabled, Unity launches Visual Studio and uses it as the default editor for all script files.

macOS では、Unity に C# IDE として Visual Studio for Mac が含まれています。Visual Studio Tools for Unity (VSTU) は、Visual Studio for Mac (VS4M) の Unity とのインテグレーションを提供します。Visual Studio for Mac の設定および使用方法については、以下のマイクロソフトのドキュメントページを参照してください。

On Windows, Unity also includes Visual Studio 2017 Community.

Visual Studio Code (Windows, macOS, Linux)

Unity は Visual Studio Code (VS Code) のオープンスクリプトをサポートします。VS Code でスクリプトを開くには、Editor Preferences (Unity > Preferences > External Tools > External Script Editor) の External Script Editor で VS Code を選択します。Unity で VS Code を使用するための情報は、 Unity Development with VS Code を参照してください。

要件

C# コードの作成と Unity C# デバッグサポートに Visual Studio Code を使用するには、以下のインストールが必要です。

JetBrains Rider (Windows、MacOS、Linux)

Unity は JetBrains Rider でスクリプトを開くことをサポートします。Rider でスクリプトを開くには、Preferences (Unity > Preferences > External Tools > External Script Editor) の External Script Editor でそれを選択します。

Rider is built on top of ReSharper and includes most of its features. It supports all of C# 7.2’s features as well as C# debugging on the .NET 4.6 scripting runtime in Unity. For more information, see JetBrains documentation on Rider for Unity.


IL2CPP を使ったマネージバイトコードストリップ
Debugging C# code in Unity