iOS-specific optimizations
ビルドした iOS プレイヤーのサイズ最適化

ビルトインプロファイラーによるパフォーマンスの測定

iOS と Android にはビルトインのプロファイラーが備えられています。ビルトインのプロファイラーは、デバイス上で実行されているゲームからのコンソールメッセージを出力します。これらのメッセージは 30 秒ごとに出力され、ゲームの実行状況の詳細を示します。これらのメッセージの意味を理解することは必ずしも簡単ではありませんが、少なくとも CPU バインドか GPU バインドかを判断し、CPU バインドの場合は、スクリプトコードであるのか、速度を低下させる Mono ガベージコレクションであるかを素早く判断する必要があります。このページの後半に、ビルトインプロファイラーを設定する方法を説明します。

プロファイラーが教えてくれるもの

以下は、ビルトインプロファイラーの出力例です。

iPhone/iPad Unity internal profiler stats:
cpu-player> min: 9.8 max: 24.0 avg: 16.3
cpu-ogles-drv> min: 1.8 max: 8.2 avg: 4.3
cpu-waits-gpu> min: 0.8 max: 1.2 avg: 0.9
cpu-present> min: 1.2 max: 3.9 avg: 1.6
frametime> min: 31.9 max: 37.8 avg: 34.1
draw-call #> min: 4 max: 9 avg: 6 | batched: 10
tris #> min: 3590 max: 4561 avg: 3871 | batched: 3572
verts #> min: 1940 max: 2487 avg: 2104 | batched: 1900
player-detail> physx: 1.2 animation: 1.2 culling: 0.5 skinning: 0.0 batching: 0.2 render: 12.0 fixed-update-count: 1 .. 2
mono-scripts> update: 0.5 fixedUpdate: 0.0 coroutines: 0.0 
mono-memory> used heap: 233472 allocated heap: 548864 max number of collections: 1 collection total duration: 5.7

すべての時間はミリ秒毎フレームで測定されます。直近 30 フレームの最短時間、最長時間、平均時間を確認できます。

一般的な CPU アクティビティ

プロパティー 機能
cpu-player ゲームが Unity エンジンの中でコードを実行したり、CPU でスクリプトを実行する時間を表示します。
cpu-ogles-drv OpenGL ES ドライバーのコード実行が CPU 上で消費する時間を表示します。ドローコール、内部レンダリングのステート変更、レンダリングパイプラインセットアップおよび処理する頂点数がドライバーの統計に影響します。
cpu-waits-gpu GPU によるレンダリング完了を待機している CPU のアイドル時間を表示します。もしこの数が 2–3 ミリ秒を超える場合、アプリケーションはフィルレートまたは GPU 処理能力がボトルネックの可能性が高いです。もし値が小さすぎる場合、プロファイルは値の表示をスキップします
msaa-resolve アンチエイリアシング処理に要した時間を表示します。
cpu-present OpenGL ES の presentRenderbuffer コマンド実行に要した時間を表示します。
frametime ゲームフレームの総時間を表します。iOS ハードウェアは常に 60Hz のリフレッシュレートにロックされているため、~16.7ms の倍数の時間が得られます。(1000ms/60Hz = 16.7ms)

レンダリング統計 

プロパティー 機能
tris # レンダリングに送信される三角形の総数を表示します。
verts # レンダリングに送信される頂点の総数を表示します。静的な物体では 10000 以内に抑えればよいですが、たくさんのスキニングされた物体がある場合はもっと低く抑えるべきです。
batched エンジンによりバッチされたドローコール、三角形、および頂点の数を表示します。この数をドローコールと三角形の総数と比較することでシーンがバッチするのに適しているか判断する材料となります。バッチを改善するためにはできる限りマテリアルを共有するべきです。

詳しい Unity プレイヤー統計情報

player-detail セクションには、エンジン内部で起こっていることの詳細な内訳が表示されます。

プロパティー 機能
physx 物理エンジンの計算に要した時間を表示します。
animation ボーンアニメーションに要した時間を表示します。
culling カメラの Frustum 外のオブジェクトカリングに要した時間を表示します。
skinning スキンメッシュへのアニメーション適用に要した時間を表示します。
batching 物体のバッチに要した時間を表示します。動的な物体のバッチは静的な物体のバッチより著しく高価です。
render 表示されるオブジェクトのレンダリングに要した時間を表示します。
fixed-update-count このフレームで実行された最小と最大の FixedUpdate の数を表示します。FixedUpdate の数が大きすぎるとパフォーマンスが著しく劣化します。fixed time delta についてよい値を設定するためにいくつかシンプルなガイドラインが ここに あります。

詳しいスクリプト統計

mono-scripts セクションにより、Mono ランタイムのコード実行に要した時間について詳細な内訳が表示されます。

プロパティー 機能
update スクリプトのすべての Update() 実行に要した総時間を表示します。
fixedUpdate スクリプトのすべての FixedUpdate() 実行に要した総時間を表示します。
coroutines スクリプトのコルーチン内で要した時間を表示します。

スクリプトによって割り当てられたメモリに関する詳細な統計を表示します。

mono-memory セクションにより、Mono ガベージコレクターによりメモリ管理がどのように管理されているかの情報がみられます。

プロパティー 機能
allocated heap メモリ使用可能な量を表示します。メモリ割り当ての際に十分なメモリがヒープに残っていない場合、ガベージコレクションが起動されます。もしコレクションの後もまだ十分な空きメモリがない場合、割り当てヒープサイズが大きくなります。
used heap allocated heap のうち、オブジェクトによって使用されている量を表示します。新しいクラスインスタンスを作成するたびに(構造体ではなく)、この数は次のガベージコレクションまで増え続けます。
max number of collections 直近 30 フレームでのガベージコレクションが行われた回数を表示します。
collection total duration 直近 30 フレームでのガベージコレクションの総時間(ミリ秒単位)を表示します。

設定方法

iOS ではデフォルトで無効となっているため、有効化するためには Unity により生成された XCode プロジェクトを開いて、 InternalProfiler.h ファイルを選択し

 #define ENABLE_INTERNAL_PROFILER 0

の行を次のように変更します。

 #define ENABLE_INTERNAL_PROFILER 1

XCode メニューで View > Debug Area > Activate Console を選択して、出力コンソール (GDB) を表示して、次にプロジェクトを実行します。Unity は統計情報を 30 フレームごとにコンソールウィンドウに表示します。

Android でこれを有効にするには、Player ウィンドウ (Edit > Project Settings の順に移動し、Player カテゴリを選択) の Enable Internal Profiler (Deprecated) チェックボックスをクリックします。ビルド時に Build SettingsDevelopment Build にチェックが入っていることと、デバイスで実行されている場合は統計が logcat に表示されていることを確認してください。 logcat を表示するには adb か Android Debug Bridge が必要です。いったんそれを取得したら、単にシェルコマンド adb logcat を実行します。

iOS-specific optimizations
ビルドした iOS プレイヤーのサイズ最適化