トレイルレンダラー
ビルボードアセット

ビルボードレンダラー

Billboard Renderer (ビルボードレンダラー) は、事前に用意したアセット (SpeedTree からエクスポートしたもの等) や、実行時にスクリプトで作成したものやカスタムエディターで作成したものから ビルボードアセット を描画します。ビルボードアセットの作り方に関しては、マニュアルページの ビルボードアセット と スクリプトリファレンスの ビルボードアセット を参照してください。

ビルボードは、シーンで遠くにある複雑な 3D メッシュを簡易に描画するための、level-of-detail (LOD) 技法です。なぜなら、遠くにあるメッシュは画面上で小さく表示され、また、カメラの焦点位置に来る可能性も低いので、大抵の場合、ディティールを全て描画する必要がないからです。

プロパティー 機能
Cast Shadows 有効にすると、ライトに照らされるときビルボードが影を生成します。
     On 影を有効にします
     Off 影を無効にします
     Two Sided ビルボードの両面どちらからでも影をおとします (つまり、バックフェースカリングを考慮しません)
     Shadows Only 影を表示します。ただし、ビルボード自体の影は除きます。
Receive Shadows チェックすると、ビルボードに影を投影することができるようになります。
Motion Vectors チェックすると、ビルボードのモーションベクターをカメラモーションベクターテクスチャに描画することが可能になります。詳しくは、スクリプティングリファレンスの Renderer.motionVectors を参照してください。
Billboard 事前に作成されたビルボードアセットがある場合は、ビルボードレンダラーに割り当てるためにここにリストします。
Light Probes これが有効で、ベイクした ライトプローブ がシーンに存在する場合、ビルボードレンダラーは補間したライトプローブを使用します。
     Off ライトプローブを無効にします。
     Blend Probes ビルボードに適用するライティングは補間したライトプローブから読み取ります。
     Use Proxy Volume ビルボード描画に適用するライティングは補間したライトプローブの 3D グリッドから読み取ります。
Reflection Probes これが有効で、かつ リフレクションプローブ がシーン内に存在する場合は、リフレクションテクスチャがこのゲームオブジェクトのために選ばれ、ビルトインシェーダーの統一変数として設定されます。
     Off リフレクションプローブを無効にします。
     Blend Probes ビルボードに適用されるリフレクションは、近接する Reflection Probes から補完され、スカイボックスは含まれません。これは通常、 “室内” にあるゲームオブジェクトや、シーン内の覆われた領域 (洞窟やトンネルなど) に使います。空が見えないのでビルボードで反射する必要も無いためです。
     Blend Probes and Skybox Blend Probes のように作動しますが、Skybox もブレンディングに使用できます。これは、一般に、常に空が見え、反射が発生する野外のゲームオブジェクトに使用されます。
     Simple Reflection Probe は有効。しかし、2つの重複したボリュームがあるとき、プローブ間でブレンドは発生しません。
トレイルレンダラー
ビルボードアセット