Android スクリプティング
Android 用のプラグインの作成と使用

上級者向け Unity モバイルスクリプティング

デバイスプロパティー

デバイス特有のプロパティーには、アクセス可能なものがいくつかあります。詳細は以下のページを参照してください。SystemInfo.deviceUniqueIdentifierSystemInfo.deviceNameSystemInfo.deviceModelSystemInfo.operatingSystem

海賊版チェック

To get licensing information about users and prevent piracy, Google offers a service called Google Play Application Licensing. See the Google Play Application License Verification example plug-in on the Asset Store for an example of how you can integrate this functionality into your Unity application. You can also download the plug-in source code from its GitHub repository.

バイブレーション対応

バイブレーションを行うには Handheld.Vibrate を呼び出します。バイブレーションの機能がないデバイスでは、この呼び出しは無視されることに注意してください。

アクティビティインジケーター

モバイル OS にはビルトインのアクティビティインジケーターがあり、処理に時間がかかる時に便利です。使用例は、スクリプトリファレンスの Handheld.StartActivityIndicator を参照してください。

画面の向き

You can control the screen orientation of your application on both iOS and Android devices. Detecting a change in orientation or forcing a specific orientation is useful for creating game behaviors that depend on how the user is holding the device.

デバイスの向きは Screen.orientation を使って取得できます。向きには以下のようなものがあります。

向き 動作
Portrait 縦向きのモードです。デバイスを直立させると、ホームボタンは下になります。
PortraitUpsideDown 縦向きのモードです。ただし、デバイスを直立させると、ホームボタンが上になります。
LandscapeLeft 縦向きのモードです。デバイスを直立させると、ホームボタンが右側になります。
LandscapeRight 縦向きのモードです。デバイスを直立させると、ホームボタンが左側になります。

Screen.orientation に上の画面の向きの 1 つを設定するか、ScreenOrientation.AutoRotation を使って画面の向きを制御します。画面を自動で回転させる場合も、状況に応じていくつかの向きを無効にすることが可能です。

詳細は、スクリプトリファレンスの以下のページを参照してください。Screen.autorotateToPortraitScreen.autorotateToPortraitUpsideDownScreen.autorotateToLandscapeLeftScreen.autorotateToLandscapeRight

Android スクリプティング
Android 用のプラグインの作成と使用