Rendering Mode
スペキュラーモード: Specular パラメーター

Albedo カラーと Transparency(透明度)

デフォルトパラメーターの Standard Shader マテリアル。値やテクスチャは何も設定されていません。アルベドカラーのパラメーターがハイライトされています。
デフォルトパラメーターの Standard Shader マテリアル。値やテクスチャは何も設定されていません。アルベドカラーのパラメーターがハイライトされています。

アルベドパラメーターは、表面のベースカラーを制御します。

黒から白へのアルベド値の範囲
黒から白へのアルベド値の範囲

アルベド値に単色を指定した方が便利な事もありますが、テクスチャマップをアルベドパラメーターとして入力する方がより一般的です。これによって、オブジェクトの表面色を置き換えます。アルベドテクスチャは、ライティング効果を 何も含むべきでない 事に注意してください。その後、状況に合わせた表示になるようにオブジェクトをライティングします。

2つの典型的な Albedo テクスチャマップ例です。左側はキャラクターモデルのテクスチャマップ、右側は木枠です。シャドウや照明のハイライトがないことに注意してください。
2つの典型的な Albedo テクスチャマップ例です。左側はキャラクターモデルのテクスチャマップ、右側は木枠です。シャドウや照明のハイライトがないことに注意してください。

Transparency(透明度)

Albedo colour のアルファ値は、マテリアルの透明度のレベルを制御します。これは、マテリアルのための Rendering モードが transparent モードの一つであり、Opaque でないに設定されている場合は効果があります。上記のように、それは十分な値で reflections と specular ハイライトを表示させるか、transparency の値に応じてフェードアウトするかどうかも決定するので、正しい transparency モードを選ぶことが重要です。

0から1までの transparency の値の範囲で、現実的な透明なオブジェクトに適切な Transparent モードを使用します。
0から1までの transparency の値の範囲で、現実的な透明なオブジェクトに適切な Transparent モードを使用します。

Albedo パラメータに指定されるテクスチャを使う場合、Albedo テクスチャ画像が alpha channel を持って確保することで、マテリアルの透明性を制御することができます。アルファチャンネルの値は、白は完全に不透明、黒は完全に透明であると、transparency レベルにマッピングされます。これはマテリアルが透明性が変化する領域を持つことができる効果があります。

RGB チャンネル と Alpha チャンネルをインポートしたテクスチャです。RGB/A ボタンをクリックして、プレビューしている画像のチャンネルを切り替えて表示することができます。
RGB チャンネル と Alpha チャンネルをインポートしたテクスチャです。RGB/A ボタンをクリックして、プレビューしている画像のチャンネルを切り替えて表示することができます。
最後の結果は、建物の内部を割れた窓からのぞいてます。ガラスの破片が部分的に透明で、枠は完全に不透明であり、ガラスの隙間は完全に透明です。
最後の結果は、建物の内部を割れた窓からのぞいてます。ガラスの破片が部分的に透明で、枠は完全に不透明であり、ガラスの隙間は完全に透明です。
Rendering Mode
スペキュラーモード: Specular パラメーター