Unity Cloud Build
サポートするプラットフォーム

Automated Build Generation

Automated Build Generation は、Unity Team Advanced の Cloud Build の機能です。チームメンバーがプロジェクトを変更するたびに発生する変更のパブリッシュとプロジェクトのビルドを自動化して、継続的に統合を維持することができます。チームメンバーが変更をコミットすると、Cloud Build は共有リポジトリの最新コードを使用してプロジェクトをビルドします。

Automated Build Generation の目的は、プロジェクトが変更されるたびにコンパイルすることです。これにより、いつどこでエラーが発生するかをもっとも正確に知ることができ、常に最新の有効なコミットに基づいてビルドを作成できます。

Automated Build Generation のしくみ

Unity Cloud Build は Unity Collaborate やソース管理システムに接続し、プロジェクトの変更を監視します。新しい変更が検出されると、Unity Cloud Build はプロジェクトをダウンロードし、すべてのターゲットプラットフォーム用にビルドします。ビルドが完了すると、メールで結果を送信し、完成したビルドをダウンロードしてインストールするためのリンクを通知します。エラーが発生した場合、Unity Cloud Build は即座に結果を報告します。そのため、すばやく修正し、変更をコミットし、新しいビルドを開始することが可能です。


2018–04–10 編集レビュー を行って修正されたページ

Unity Cloud Build
サポートするプラットフォーム