パーティクルシステムリファレンス
パーティクルシステムモジュール

パーティクルシステム

Particle System (パーティクルシステム)コンポーネントはシーン内で大量の小さな 2D の画像を生成し、アニメーションさせることによって、液体、雲、炎などの流体をシミュレーションします。パーティクルシステムや、それらの使用の詳細はドキュメントの パーティクルシステム を参照してください。

プロパティー

パーティクルシステムのコンポ―ネントには、数多くのプロパティーがあるため、インスペクター上では利便性を上げるために、それらを「モジュール」と呼ばれる折りたたみ式のセクションに分け、整理しています。各モジュールについては、別途、 パーティクルシステムモジュール のページにまとめてあります。

各モジュールは、それぞれの名称を表示しているバーをクリックすることで、開いたり、たたんだりすることが可能です。バーの左側には、そのセクションで設定した機能の有効/無効を切り替えるチェックボックスが有ります。例えば、パーティクルの大きさを時間経過によって変えたくない場合には Size over Lifetime のチェックを外すだけでよいのです。

The Open Editor button displays the options in a separate Editor window, which allows you to edit multiple systems at once.

The Particle Effect panel in the Scene View contains some additional options for previewing Particle Systems.

プロパティー 機能
Simulate Layers Allows you to preview Particle Systems that are not selected. By default, only selected Particle Systems play in the Scene View. However, when you set Simulate Layers to anything other than Nothing, effects that match the Layer Mask play automatically, without you needing to select them. This is particularly useful for previewing environmental effects.
Resimulate When this property is enabled, the Particle System immediately applies property changes to particles it has already generated. When disabled, the Particle System leaves existing particles as they are, and only applies property changes to new particles.
Show Bounds When this property is enabled, Unity displays the bounding volume around the selected Particle Systems. These bounds determine whether a Particle System is currently on screen or not.
Show Only Selected When this property is enabled, Unity hides all non-selected Particle Systems, allowing you to focus on producing a single effect.

パーティクルシステムリファレンス
パーティクルシステムモジュール