HTTP サーバーに生データをアップロード (PUT)
UnityWebRequests の作成

共通操作 - LLAPI の使用

注意 UNet は非推奨となり、今後 Unity から削除される予定です。新しいシステムが開発中です。詳細は ブログFAQ を参照してください。

HLAPI はボイラープレートコードを最小限にするように設計されていますが、LLAPI (低レベル API) は最大の柔軟性を実現するように設計されています。一般に LLAPI を使用するには、UnityWebRequests を作成してから適切な DownloadHandlers またはUploadHandlers を作成し、それらを UnityWebRequests に添付する必要があります。

ここでは、 低レベル API で可能なオプションとそれを使用するのに適当な状況を説明します。

HLAPI と LLAPI は相いに排他的ではありません。一般的な状況を微調整する必要がある場合は、HLAPI をとおして作成した UnityWebRequest オブジェクトをいつでもカスタマイズできます。

ここで説明したオブジェクトに関する詳細は、 Unity スクリプティング API を参照してください。

HTTP サーバーに生データをアップロード (PUT)
UnityWebRequests の作成