Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

スクリプト言語

好きな言語を選択してください。選択した言語でスクリプトコードが表示されます。

Mathf.Lerp

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える
public static function Lerp(a: float, b: float, t: float): float;
public static float Lerp(float a, float b, float t);

パラメーター

a 開始値
b 終了値
t The interpolation value between the two floats.

戻り値

float The interpolated float result between the two float values.

説明

ab の間で t による線形補間します。

パラメーター t は [0, 1] の範囲で制限されます。

When t = 0 returns a.
When t = 1 return b.
t = 0.5 の時は ab の平均(ちょうど真ん中)を返します。

no example available in JavaScript
using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour {

// animate the game object from -1 to +1 and back public float minimum = -1.0F; public float maximum = 1.0F;

// starting value for the Lerp static float t = 0.0f; void Update() { // animate the position of the game object... transform.position = new Vector3(Mathf.Lerp(minimum, maximum, t), 0, 0); // .. and increate the t interpolater t += 0.5f * Time.deltaTime; // now check if the interpolator has reached 1.0 // and swap maximum and minimum so game object moves // in the opposite direction. if (t > 1.0f){ float temp = maximum; maximum = minimum; minimum = temp; t = 0.0f; } } }

See Also: LerpUnclamped, LerpAngle.