Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

ComputeBuffer

class in UnityEngine

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える

Description

Compute Shader のためにデータを格納するデータバッファ

ComputeShader プログラムはメモリバッファに読み出しや書き込みをするために任意のデータが必要となることがしばしばあります。 ComputeBuffer クラスはまさにそのためにあります。スクリプトコードから作成、埋め込みしたうえで Compute Shader や通常のシェーダーで使用できます。

Compute shader は、比較的最新の GPU(シェーダーモデル 5.0 対応の)を必要とし、現時点で DirectX 11、PS4、XboxOne、そして OpenGL ES 3.1 を使用するときのみ利用可能です。 シェーダー側では、ComputeBuffer は HLSL の RWStructuredBuffer<T> と StructuredBuffer <T> にマッピングします。

関連項目: SystemInfo.supportsComputeShadersComputeShader クラス、Shader.SetGlobalBufferMaterial.SetBufferCompute Shader

Variables

countバッファ要素の数(読み取り専用) .
strideバッファの一つの要素のサイズ(読み取り専用) .

Constructors

ComputeBufferCompute Buffer を作成します

Public Functions

GetDataバッファからデータの値を配列へと読み出します
ReleaseCompute Buffer をリリースします
SetCounterValueappend/consume バッファのカウンターの値を設定します。
SetData配列から値をバッファへと設定します

Static Functions

CopyCountappend/consume バッファの値を別のバッファにカウンター変数をコピーします。