Object

class in UnityEngine

マニュアルに切り替える

説明

Unity が参照できるすべてのオブジェクトの基本クラスです。

Any public variable you make that derives from Object gets shown in the inspector as a drop target, allowing you to set the value from the GUI. UnityEngine.Object is the base class of all built-in Unity objects.

Although Object is a class it is not intended to be used widely in script. However as an example Object is used in the Resources class. See Resources.LoadAll which has [[Object[]]] as a return.

変数

hideFlagsオブジェクトは非表示、シーンに保存、ユーザーが編集可能、などを設定する。
nameオブジェクト名

Public 関数

GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringReturns the name of the GameObject.

Static 関数

Destroyゲームオブジェクトやコンポーネント、アセットを削除します
DestroyImmediateDestroys the object obj immediately. You are strongly recommended to use Destroy instead.
DontDestroyOnLoad新しいシーンを読み込んでもオブジェクトが自動で破壊されないように設定します
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeタイプから見つけたすべてのアクティブのオブジェクト配列を返します
Instantiateoriginal のオブジェクトをクローンします

Operator

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。