AssetDatabase

class in UnityEditor

マニュアルに切り替える

説明

アセットにアクセスし、操作するためのインターフェースです。

Static 関数

AddObjectToAsset path に存在するアセットに objectToAdd を追加
AssetPathToGUIDアセットのパスから GUID を取得します
ClearLabelsアセットのラベルをすべて削除します
Containsオブジェクトがアセットであるかチェックします。
CopyAssetアセットをコピーします。
CreateAssetオブジェクトを指定したパスに作成します。
CreateFolder新しくフォルダーを作成します
DeleteAssetアセットを完全に削除します
ExportPackage fileName という名の unitypackage ファイルとして assetPathNames からアセットをエクスポートします
ExtractAssetCreates an external Asset from an object (such as a Material) by extracting it from within an imported asset (such as an FBX file).
FindAssetsSearch the asset database using the search filter string.
ForceReserializeAssetsForcibly load and re-serialize the given assets, flushing any outstanding data changes to disk.
GenerateUniqueAssetPathアセットのためのユニークなパスを作成します
GetAllAssetBundleNamesアセットデータベースにある、全アセットバンドルの名称を返します。
GetAssetBundleDependenciesGiven an assetBundleName, returns the list of AssetBundles that it depends on.
GetAssetDependencyHashアセットのすべての依存関係のハッシュを返します
GetAssetOrScenePathアセットが保存されているプロジェクトフォルダーのパス名を返します。
GetAssetPathアセットが保存されているプロジェクトフォルダーのパス名を返します。
GetAssetPathFromTextMetaFilePathテキスト形式の .meta file と関連付けられているアセットファイルのパスを取得します。
GetAssetPathsFromAssetBundle付けられたアセットバンドル名によってマークされたアセットのパスを取得します。
GetAssetPathsFromAssetBundleAndAssetNameGet the Asset paths for all Assets tagged with assetBundleName and named assetName.
GetCachedIconアセットのパスからアイコンを取得します
GetCurrentCacheServerIpGets the IP address of the Cache Server currently in use by the Editor.
GetDependencies pathName で指定したアセットと依存関係にあるすべてのアセットを取得します
GetImplicitAssetBundleNameReturns the name of the AssetBundle that a given asset belongs to.
GetImplicitAssetBundleVariantNameReturns the name of the AssetBundle Variant that a given asset belongs to.
GetLabelsアセットのラベルをすべて取得します
GetMainAssetTypeAtPathReturns the type of the main asset object at assetPath.
GetSubFoldersGiven a path to a directory in the Assets folder, relative to the project folder, this method will return an array of all its subdirectories.
GetTextMetaFilePathFromAssetPathアセットのパスから、.meta ファイルのパスを取得します
GetUnusedAssetBundleNamesアセットデータベースで、使用されていないアセットバンドル名すべてを返します
GUIDToAssetPathアセットのパスを GUID に変換します
ImportAssetパスからアセットをインポートします
ImportPackage現在のプロジェクトに packagePath を使用して unitypackage をインポートします。
IsForeignAssetDetermines whether the Asset is a foreign Asset.
IsMainAssetアセットがプロジェクトウインドウでメインのアセットかどうか。
IsMainAssetAtPathLoadedReturns true if the main asset object at assetPath is loaded in memory.
IsMetaFileOpenForEditQuery whether an asset's metadata (.meta) file is open for edit in version control.
IsNativeAssetDetermines whether the Asset is a native Asset.
IsOpenForEditQuery whether an asset file is open for edit in version control.
IsPackagedAssetReturns true if the Asset is inside a package, and false if it is not.
IsSubAssetこのアセットが他のアセットの一部かどうか。
IsValidFolderGiven a path to a folder, returns true if it exists, false otherwise.
LoadAllAssetRepresentationsAtPathReturns all sub Assets at assetPath.
LoadAllAssetsAtPathReturns an array of all Assets at assetPath.
LoadAssetAtPath指定のパス assetPath で、型が type である最初のアセットオブジェクトを返します。
LoadMainAssetAtPath assetPath のメインアセットオブジェクトを返します。
MoveAssetMove an asset file (or folder) from one folder to another.
MoveAssetToTrashアセットをごみ箱に入れます。
OpenAssetアセットを関連付けられているアプリケーションで開きます。
Refresh何かしら変更があったアセットをすべてインポートします。
RemoveAssetBundleNameアセットデータベースから、アセットバンドル名を削除します。使用中のものでも削除したい場合は、 forceRemove のフラグを立ててください。
RemoveUnusedAssetBundleNamesアセットデータベース内で、使用していないアセットバンドル名をすべて削除します。
RenameAssetアセットファイルをリネームします。
SaveAssets保存されていないアセットの変更点をすべてディスクに書き出します。
SetLabelsアセットのラベルのリストを置き換えます。
SetMainObjectSpecifies which object in the asset file should become the main object after the next import.
StartAssetEditingアセットのインポートを始めます。これは、いくらかのアセットをグループにして、まとめてインポートすることができます。
StopAssetEditingアセットのインポートを停止します。いくらかのアセットをグループにして、まとめてインポートすることができます。
TryGetGUIDAndLocalFileIdentifierGet the GUID and local file id from an object instance id.
ValidateMoveAssetアセットファイルを、あるフォルダーから別のフォルダーに移動可能かどうかをチェックします (実際のファイル移動は行われません)。
WriteImportSettingsIfDirtyインポート設定をディスクに書き込みます。

Events

importPackageCancelledCallback raised whenever a package import is cancelled by the user.
importPackageCompletedCallback raised whenever a package import successfully completes.
importPackageFailedCallback raised whenever a package import failed.
importPackageStartedCallback raised whenever a package import starts.

デリゲート

ImportPackageCallbackDelegate to be called from AssetDatabase.ImportPackage callbacks. packageName is the name of the package that raised the callback.
ImportPackageFailedCallbackDelegate to be called from AssetDatabase.ImportPackage callbacks. packageName is the name of the package that raised the callback. errorMessage is the reason for the failure.