Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

TextureImporter

class in UnityEditor

/

Inherits from: AssetImporter

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える

Description

エディタースクリプトからテクスチャインポーターの Texture2D のインポート設定を変更することができます。

クラスの詳細は Texture Import Settings と同じものです。

Variables

anisoLevelテクスチャの異方性フィルタリングのレベル
borderMipmapMipmap 生成時に border の設定をオリジナルのテクスチャと同じにするかどうか
compressionQualityテクスチャの圧縮率 [0...100]
convertToNormalmapハイトマップを法線マップへ変換するかどうか
fadeoutミップレベルを灰色にフェードアウトするかどうか
filterModeテクスチャのフィルタリングモード
generateCubemapCubemap を生成モード
generateMipsInLinearSpaceミップマップをガンマ補正を使用して生成すべきかどうか
grayscaleToAlphaグレイスケールからアルファチャンネルを生成するかどうか
heightmapScaleハイトマップの bumpyness 量
isReadableスクリプトからテクスチャのピクセル情報を読み込むかどうか
lightmapテクスチャがライトマップかどうか
linearTextureテクスチャは色以外のデータを保存するか
maxTextureSizeテクスチャの最大サイズ
mipMapBiasミップマップのバイアス
mipmapEnabledミップマップを生成します。
mipmapFadeDistanceEndテクスチャがフェードアウトを終了する Mipmap レベル
mipmapFadeDistanceStartテクスチャがフェードアウトを開始する Mipmap レベル
mipmapFilterMipmap のフィルタリング方法
normalmapインポートしたテクスチャが法線マップかどうか
normalmapFilter法線マップのフィルタリング方法
npotScale2 のべき乗サイズでないテクスチャのスケーリング方法
qualifiesForSpritePackingもしこの TextureImporter が Sprite Packing のためにセットアップが行われていたら true を返します
spriteBorder生成されたスプライトのボーダーサイズ
spriteImportModeSprite テクスチャのインポートモードを設定します
spritePackingTag Sprite の PackingTag を選択します
spritePivotSprite オブジェクトの座標空間の中心点の位置を設定します
spritePixelsPerUnitグラフィックからワールド空間の Units へマッピングするピクセルのスケールファクターを設定します
spritesheet個々の Sprite グラフィックスに対応した Atlas のセクション配列
textureFormatテクスチャの形式
textureTypeテクスチャタイプ
wrapModeテクスチャのラップモード(リピートかクランプ)

Public Functions

ClearPlatformTextureSettings特定のプラットフォームのテクスチャ設定情報を削除します
DoesSourceTextureHaveAlphaアルファチャンネルがあるかどうか
GetAllowsAlphaSplitting必要なとき(例えば透過付きの ETC1 圧縮のとき)、インポートしたテクスチャでアルファ分割を可能にするかのフラグを取得します。
GetPlatformTextureSettings特定のプラットフォームのテクスチャ設定情報を取得します
ReadTextureImportInstructionsこの TextureImporter のアクティブなテクスチャの情報を読み込みます
ReadTextureSettings TextureImporterSettings からテクスチャ設定情報を読み込みます
SetAllowsAlphaSplitting必要なとき(例えば透過付きの ETC1 圧縮のとき)、インポートしたテクスチャでアルファ分割を可能にするかのフラグを設定します。
SetPlatformTextureSettings特定のプラットフォームの設定を行います。
SetTextureSettings TextureImporterSettings からテクスチャインポーターの設定を行います

Inherited members

Variables

assetBundleNameアセットバンドルの名前の取得や設定ができます。
assetBundleVariantアセットバンドルバリアントの取得や設定ができます。
assetPathアセットのパス(読み取り専用)
userDataユーザーが自由に設定/取得できる文字列
hideFlagsオブジェクトは非表示、シーンに保存、ユーザーが編集可能、などを設定する。
nameオブジェクト名

Public Functions

SaveAndReimportアセットインポーターがダーティであれば、アセットインポーターの設定を保存します。
SetAssetBundleNameAndVariantアセットバンドル名とアセットバンドルバリアントを設定します。
GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringゲームオブジェクトの名前を返します

Static Functions

GetAtPathアセットのパスから AssetImporter を取得します
Destroyゲームオブジェクトやコンポーネント、アセットを削除します
DestroyImmediateオブジェクト obj を破棄します。
DontDestroyOnLoad新しいシーンを読み込んでもオブジェクトが自動で破壊されないように設定します
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeタイプから見つけたすべてのアクティブのオブジェクト配列を返します
Instantiateオブジェクト original のコピーを返します

Operators

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。