TextureImporter

class in UnityEditor

/

継承:AssetImporter


実装インターフェース:ISpriteEditorDataProvider

マニュアルに切り替える

説明

エディタースクリプトからテクスチャインポーターの Texture2D のインポート設定を変更することができます。

クラスの詳細は Texture Import Settings と同じものです。

変数

allowAlphaSplittingAllows alpha splitting on relevant platforms for this texture.
alphaIsTransparencyIf the provided alpha channel is transparency, enable this to prefilter the color to avoid filtering artifacts.
alphaSourceSelect how the alpha of the imported texture is generated.
alphaTestReferenceValueReturns or assigns the alpha test reference value.
androidETC2FallbackOverrideETC2 texture decompression fallback override on Android devices that don't support ETC2.
anisoLevelテクスチャの異方性フィルタリングのレベル
borderMipmapMipmap 生成時に border の設定をオリジナルのテクスチャと同じにするかどうか
compressionQualityテクスチャの圧縮率 [0...100]
convertToNormalmapハイトマップを法線マップへ変換するかどうか
crunchedCompressionUse crunched compression when available.
fadeoutミップレベルを灰色にフェードアウトするかどうか
filterModeテクスチャのフィルタリングモード
generateCubemapCubemap を生成モード
heightmapScaleハイトマップの bumpyness 量
isReadableSet this to true if you want texture data to be readable from scripts. Set it to false to prevent scripts from reading texture data.
maxTextureSizeテクスチャの最大サイズ
mipMapBiasミップマップのバイアス
mipmapEnabledミップマップを生成します。
mipmapFadeDistanceEndテクスチャがフェードアウトを終了する Mipmap レベル
mipmapFadeDistanceStartテクスチャがフェードアウトを開始する Mipmap レベル
mipmapFilterMipmap のフィルタリング方法
mipMapsPreserveCoverageEnables or disables coverage-preserving alpha MIP mapping.
normalmapFilter法線マップのフィルタリング方法
npotScale2 のべき乗サイズでないテクスチャのスケーリング方法
qualifiesForSpritePackingもしこの TextureImporter が Sprite Packing のためにセットアップが行われていたら true を返します
spriteBorder生成されたスプライトのボーダーサイズ
spriteImportModeSprite テクスチャのインポートモードを設定します
spritePackingTag Sprite の PackingTag を選択します
spritePivotSprite オブジェクトの座標空間の中心点の位置を設定します
spritePixelsPerUnitワールド空間座標の 1 単位分に相当する、スプライトのピクセル数。
spritesheet個々の Sprite グラフィックスに対応した Atlas のセクション配列
sRGBTextureIs texture storing color data?
textureCompressionCompression of imported texture.
textureShapeShape of imported texture.
textureTypeテクスチャタイプ
wrapModeTexture coordinate wrapping mode.
wrapModeUTexture U coordinate wrapping mode.
wrapModeVTexture V coordinate wrapping mode.
wrapModeWTexture W coordinate wrapping mode for Texture3D.

Public 関数

ClearPlatformTextureSettings特定のプラットフォームのテクスチャ設定情報を削除します
DoesSourceTextureHaveAlphaアルファチャンネルがあるかどうか
GetAutomaticFormatReturns the TextureImporterFormat that would be automatically chosen for this platform.
GetDefaultPlatformTextureSettingsGet the default platform specific texture settings.
GetPlatformTextureSettings特定のプラットフォームのテクスチャ設定情報を取得します
ReadTextureImportInstructionsこの TextureImporter のアクティブなテクスチャの情報を読み込みます
ReadTextureSettings TextureImporterSettings からテクスチャ設定情報を読み込みます
SetPlatformTextureSettings特定のプラットフォームの設定を行います。
SetTextureSettings TextureImporterSettings からテクスチャインポーターの設定を行います

継承メンバー

変数

assetBundleNameアセットバンドルの名前の取得や設定ができます。
assetBundleVariantアセットバンドルバリアントの取得や設定ができます。
assetPathアセットのパス(読み取り専用)
importSettingsMissingThe value is true when no meta file is provided with the imported asset.
userDataユーザーが自由に設定/取得できる文字列
hideFlagsオブジェクトは非表示、シーンに保存、ユーザーが編集可能、などを設定する。
nameオブジェクト名

Public 関数

AddRemapMap a sub-asset from an imported asset (such as an FBX file) to an external Asset of the same type.
GetExternalObjectMapGets a copy of the external object map used by the AssetImporter.
RemoveRemapRemoves an item from the map of external objects.
SaveAndReimportアセットインポーターがダーティであれば、アセットインポーターの設定を保存します。
SetAssetBundleNameAndVariantアセットバンドル名とアセットバンドルバリアントを設定します。
GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringReturns the name of the GameObject.

Static 関数

GetAtPathアセットのパスから AssetImporter を取得します
Destroyゲームオブジェクトやコンポーネント、アセットを削除します
DestroyImmediateDestroys the object obj immediately. You are strongly recommended to use Destroy instead.
DontDestroyOnLoad新しいシーンを読み込んでもオブジェクトが自動で破壊されないように設定します
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeタイプから見つけたすべてのアクティブのオブジェクト配列を返します
Instantiateoriginal のオブジェクトをクローンします

Operator

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。