Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

Physics2D

class in UnityEngine

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える

Description

2D 物理システムのグローバル設定とヘルパー関数です。

Static Variables

AllLayersすべてのレイヤーを含むレイヤーマスク定数
alwaysShowColliders選択されない場合でも、コライダーギズモが常に表示されるべきか。
angularSleepToleranceこの許容値を上回る角速度がある場合、リジッドボディはスリープしません。
baumgarteScale重複の解決にかける速度を管理するスケール要素
baumgarteTOIScaleTOI 重複の解決にかける速度を管理するスケール要素
changeStopsCallbacks衝突に関係するオブジェクトのいずれかが削除/移動した場合、衝突判定のコールバック報告をすぐに止めるか。
colliderAsleepColorすべてのスリープ状態のコライダーを表示するためにギズモが使用する色 (ボディがスリープ状態のときは、コライダーもスリープ状態)。
colliderAwakeColorすべての起動状態のコライダーを表示するためにギズモが使用する色 (ボディが起動状態のときは、コライダーも起動状態)。
colliderContactColorすべてのコライダーの接触を表示するためにギズモが使用する色。
contactArrowScaleコライダーギズモによる接触の矢印のスケール
DefaultRaycastLayersデフォルトで Raycast に関係するすべてのレイヤーを含むレイヤー定数
gravity重力加速度
IgnoreRaycastLayerデフォルトのレイヤーマスク定数である Igonore Raycast
linearSleepToleranceこの許容値を上回る直線速度がある場合、リジッドボディはスリープしません。
maxAngularCorrection制限を解決する際に使用される最大角位置修正量。行き過ぎ防止に役立ちます。
maxLinearCorrection制限を解決する際に使用される最大直線位置修正量。行き過ぎ防止に役立ちます。
maxRotationSpeed物理更新毎のリジッドボディの最大角速度。この値を増やし過ぎると数値的な問題の原因になります。
maxTranslationSpeed物理更新毎のリジッドボディの最大直線速度。この値を増やし過ぎると数値的な問題の原因になります。
minPenetrationForPenalty分離衝撃力を適用するまでの最小接触貫通半径。この値を小さくすると、継続的な衝突に対してポリゴンの緩衝が不十分になり、大きくすると頂点の衝突が不自然になるため、この値の修正には特に注意してください。
positionIterationsオブジェクトの位置について考慮する場合の物理ソルバーの反復回数
queriesHitTriggersレイキャストでトリガーに設定しているコライダーを検知するか
queriesStartInCollidersコライダー内を始点とするレイ/ラインキャストがそのコライダーを検知するか。
showColliderContactsコライダーギズモが各コライダーの現在の接触を表示するべきか。
showColliderSleepコライダーギズモが各コライダーのスリープ状態を表示するべきか。
timeToSleepリジッドボディがスリープするまでの秒単位での最低時間
velocityIterationsオブジェクトの速度について考慮する場合の物理ソルバーの反復回数
velocityThreshold相対直線速度を持つ衝突は、このしきい値を下回ると弾力がないものとして処理されます。

Static Functions

BoxCastシーン内のコライダーに向けてボックス型の判定を投げかけ、最初に接触したコライダーを返します。
BoxCastAllシーン内のコライダーに向けてボックス型の判定を投げかけ、接触したすべてのコライダーを返します。
BoxCastNonAllocシーンにボックス形状を投げかけ、与えられた results 配列にコライダーを返します。
CircleCastシーン上のコライダーに円を投げかけ、接触した最初のコライダーを返します。
CircleCastAllシーン上のコライダーに円を投げかけ、接触したすべてのコライダーを返します。
CircleCastNonAlloc円形をシーンに投げかけ、与えられた results 配列にコライダーを返します。
GetIgnoreCollision衝突判定システムが collider1 と collider2 間のすべての衝突/トリガーを無視するかを確認します。
GetIgnoreLayerCollision指定レイヤー間の衝突を無視すべきか
GetLayerCollisionMask指定したレイヤーに衝突する可能性があるレイヤーを示す衝突のレイヤーマスクを取得します。
GetRayIntersectionシーン上のコライダーに対して 3D の Raycast をして、ヒットする最初のコライダーを返します
GetRayIntersectionAllシーン上のコライダーに対して 3D の Raycast をして、ヒットするコライダーをすべて返します
GetRayIntersectionNonAllocシーン上のコライダーに対して 3D の Raycast をして、ヒットするすべてのコライダーをすべて返します
IgnoreCollision collider1 と collider2 のペア間の衝突/トリガーを検知するか無視するようにします
IgnoreLayerCollision指定されたレイヤーのペア間の衝突を検知するか無視するか選択します
IsTouching collider1 が collider2 に接触しているか確認します。
IsTouchingLayers collider が特定の layerMask に所属するコライダーに接触しているか確認します。
Linecastシーン上のコライダーに対して線がヒットするか調べます
LinecastAllシーン上のコライダーに対して線がヒットするか調べます
LinecastNonAllocシーン上のコライダーに対して線がヒットするか調べます
OverlapAreaコライダーが四角領域にあるか判定します
OverlapAreaAll矩形の領域にあるコライダーの一覧を取得します
OverlapAreaNonAlloc特定領域にあるコライダーの一覧を取得します
OverlapBoxボックスの領域にコライダーがあるか判定
OverlapBoxAllボックスの領域にあるすべてのコライダーのリストを取得します
OverlapBoxNonAllocボックスの領域にあるすべてのコライダーのリストを取得します
OverlapCircle円の領域にコライダーがあるか判定
OverlapCircleAll円の領域にあるコライダーのリストを取得します
OverlapCircleNonAlloc円の領域にあるコライダーのリストを取得します
OverlapPointコライダーが空間上の点を含むか判定します
OverlapPointAll空間上の点を含むすべてのコライダーのリストを返します
OverlapPointNonAlloc空間上の点を含むすべてのコライダーのリストを返します
Raycastシーンのコライダーに対してレイを飛ばします
RaycastAllシーンのコライダーに対してレイを飛ばし、接触したすべてのコライダーを返します
RaycastNonAllocシーンに対してレイを飛ばします
SetLayerCollisionMask指定したレイヤーに衝突する可能性があるレイヤーを示す衝突のレイヤーマスクを設定します。