Debug

class in UnityEngine

マニュアルに切り替える

説明

開発中のデバッグを容易にするためのクラスです。

Static 変数

developerConsoleVisible開発用コンソールが表示されるかを確認します。以下を使用して開発用コンソールを表示させることはできません。
isDebugBuildBuild Settings ダイアログに "Development Build" チェックボックスがあります。
unityLoggerデフォルトのデバッグロガーを取得します。

Static 関数

Assert条件をアサ―トし、失敗したときに Unity コンソールにエラーメッセージをログします。
AssertFormat条件を定義し、失敗したときに Unity コンソールにフォーマット済みのエラーメッセージをログします。
Breakエディターを停止させます。
ClearDeveloperConsoleデベロッパーコンソールからエラーを削除します。
DrawLine指定した開始位置と終了位置の間にラインを描画します。
DrawRayワールド座標にて start (開始地点)から start + dir (開始地点+方向)までラインを描画します。
LogUnity Console にメッセージを記録します。
LogAssertionDebug.Log の派生でアサーションメッセージをコンソールに出力します。
LogAssertionFormatUnity Console にフォーマットされたアサーションメッセージを記録します。
LogErrorDebug.Log の派生でエラーメッセージをコンソールに出力します。
LogErrorFormatUnity Console にフォーマットされたエラーメッセージを記録します。
LogExceptionDebug.Log の派生で例外からのエラーメッセージをコンソール出力します。
LogFormatUnity Console にフォーマットされたメッセージを記録します。
LogWarningDebug.Log の派生で警告メッセージをコンソール出力します。
LogWarningFormatUnity Console にフォーマットされたメッセージを記録します。