RaycastHit2D

struct in UnityEngine

マニュアルに切り替える

説明

2D 物理挙動の Raycast により検知されたオブジェクトについて返される情報

A raycast is used to detect objects that lie along the path of a ray and is conceptually like firing a laser beam into the Scene and observing which objects are hit by it. The RaycastHit2D class is used by Physics2D.Raycast and other functions to return information about the objects detected by raycasts.

関連項目: Physics2D.RaycastRay2D クラス .

変数

centroidキャストに使用されるプリミティブの重心
collider衝突したオブジェクトのコライダー情報
distance原点からヒットしたオブジェクトの距離
fractionレイで衝突が発生した地点の、距離に対する百分率
normalレイにより衝突された表面の法線ベクトル
pointレイがコライダーの表面に衝突したワールド座標での地点
rigidbody衝突されたオブジェクトにアタッチされた Rigidbody2D
transform衝突されたオブジェクトの Transform