ModelImporterClipAnimation

class in UnityEditor

マニュアルに切り替える

説明

アニメーションの分割されたクリップを扱うクラスです

変数

additiveReferencePoseFrame付加的なリファレンスポーズフレーム
curvesインポート処理中に追加される追加のアニメーションカーブ
cycleOffsetアニメーションの開始位置のオフセット
eventsインポート処理中に追加される AnimationEvent
firstFrameクリップの始点となるフレーム
hasAdditiveReferencePose付加的リファレンスポーズを定義できます。
heightFromFeet足をルートのトランスフォーム位置に合わせて整列します。
heightOffset垂直のルート位置のオフセット値。
keepOriginalOrientationソースファイルでオーサリングされている通りに垂直方向の位置を保持します
keepOriginalPositionXZソースファイルでオーサリングされている通りに垂直方向の位置を保持します
keepOriginalPositionYソースファイルでオーサリングされている通りに垂直方向の位置を保持します
lastFrameクリップの終点となるフレーム
lockRootHeightY垂直方向のルートモーションをボーンの動作に焼きこみます。垂直方向のルートモーションをルートモーションとして焼きこむ場合は無効化します。
lockRootPositionXZ水平方向のルートモーションをボーンの動作に焼きこみます 水平方向のルートモーションをルートモーションとして焼きこむ場合は無効にします。
lockRootRotationルートの回転をボーンの動作に焼きこみます ルートの回転をルートのモーションとして格納しないようにします。
loopアニメーションのループを行うかどうか
loopPoseモーションをシームレスにループ可能にします。
loopTimeクリップをループします
maskNeedsUpdatingAvatarMask ソースを変更したときに true を返します。これはModelImporterClipAnimation.maskType がClipAnimationMaskType.CopyFromOther に設定されたときにだけ起こります。 マスクのリロードを実行させるには、ModelImporterClipAnimation.maskSource を希望する AvatarMask に設定するだけです。
maskSourceアバターマスクを使用してインポート処理中に Transform をマスキングします
maskTypeの値がセットされている場合のみソースマスクは必要となります。
mirrorこのクリップで左と右をミラーリング。
nameクリップ名
rotationOffsetルートの角度からのオフセット
takeNameテイク名
wrapModeラップの種類

Public 関数

ConfigureClipFromMaskCopy the mask settings from an AvatarMask to the clip configuration.
ConfigureMaskFromClipCopy the current masking settings from the clip to an AvatarMask.