HandleUtility

class in UnityEditor

マニュアルに切り替える

説明

シーンビューの 3D GUI スタイルのためのヘルパー関数

These are mainly mathematical functions that assist in converting between the 3D Scene space and the 2D GUI. The functions are used in the construction of the Unity editor itself and so using them is a good way to make your own Handle GUIs consistent with Unity's.

Static 変数

accelerationドラッグするための重力加速度の値を取得します(読出専用)。
niceMouseDeltaドラッグしているマウスのデルタ(位置の変化量)のフロート値を取得します(読出専用)。
niceMouseDeltaZoomズームに使ったマウスのデルタ(位置の変化量)を取得します(読出専用)。

Static 関数

AddControlハンドルから測定した距離を記録します。
AddDefaultControlデフォルトのコントロール ID を追加します。他にない場合に選択されます。
CalcLineTranslation3D 空間のラインに沿ってマウスをドラッグするマップ
ClosestPointToArc現在のマウス位置に最も近い (3D 空間での ) 円弧のポイントを取得します。
ClosestPointToDisc現在のマウスの位置に最も近い (3D 空間での) ディスク上の点を取得します。
ClosestPointToPolyLine現在のマウス位置に (3D 空間で) 最も近いポリライン上のポイントを取得します。
DistancePointBezierポイントとベジェ曲線の間の距離を計算します。
DistancePointLineポイントとラインの間の距離を計算します。
DistancePointToLine2D の a 点と b 点の2点で定義されるラインまでの p 点からの距離
DistancePointToLineSegment2D の a 点と b 点の2点で定義される線分までの p 点からの距離
DistanceToArcマウスポインターからディスクの 3D 断面までのピクセル距離
DistanceToCircleマウスポインターからカメラに面したサークルまでのピクセル距離
DistanceToDiscマウスポインターから 3D ディスクまでのピクセル距離
DistanceToLineマウスのポインターからラインまでのピクセル距離
DistanceToPolyLineマウスポインターからポリラインまでのピクセル距離
DistanceToRectangleマウスポインターからスクリーン上の矩形までのピクセル距離
GetHandleSize特定の位置でマニピュレーターハンドルのワールド空間のサイズを取得します。
GUIPointToScreenPixelCoordinateConverts a 2D GUI position to screen pixel coordinates.
GUIPointToWorldRay2D GUI ポジションをワールド空間のレイに変換します。
PickGameObject指定したポジションに最も近いゲームオブジェクトを選択します。
PickRectObjects指定したスクリーンの矩形内にある GameObjects を選択します。
PointOnLineParameter特定のライン上の point のプロジェクションパラメーターを返します。
PopCameraすべてのカメラ設定をリトリーブします。
ProjectPointLine Point をライン上に投影します。
PushCameraすべてのカメラ設定を保存します。
RaySnapCasts ray against the Scene and report if an object lies in its path.
Repaint現在のビューを再描画します。
WorldPointToSizedRect3D 空間でプロジェクションされたポイント付近に 2D GUI エレメントを表示する矩形を計算します。
WorldToGUIPointConvert a world space point to a 2D GUI position.
WorldToGUIPointWithDepthConvert a world space point to a 2D GUI position.