Legacy Documentation: Version 2017.1 (Go to current version)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

Application.persistentDataPath

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える
public static var persistentDataPath: string;
public static string persistentDataPath;

説明

永続的なデータディレクトリのパスを返します(読み取り専用)

値はアプリケーションが実行されている間データを維持して保存することが予想されるディレクトリパスです。iOS と Android をパブリッシュしたとき persistentDataPath はデバイスの public ディレクトリとなります。この場所はアプリケーションの更新ごとにファイルは削除はされません。ですが、ユーザーのアクションに対しては安全ではないことに注意してください。例えば、Android では SD カードを削除すると保存していたデータにアクセスすることはできなくなります。アプリケーションをビルドしたとき GUID はバンドル ID を基にして生成され、persistentDataPath の一部で使用されることに注意してください。もし将来のバージョンで同じバンドル ID を維持した場合、アプリケーションは毎回アップデートしても同じ場所にアクセスしようとします。

Windows Store Apps: Application.persistentDataPath points to %userprofile%\AppData\Local\Packages\<productname>\LocalState.

Note: The persistentDataPath on a Mac is written into the user Library folder. (This folder is often hidden.) In recent Unity releases user data is written into ~/Library/Application Support/company name/product name. Older versions of Unity wrote into the ~/Library/Caches folder, or ~/Library/Application Support/unity.company name.product name. These folders are all searched for by Unity. The oldest folder that contains the required data is used for the application.

// print the path to the persistent data folder
print (Application.persistentDataPath);
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { void Example() { print(Application.persistentDataPath); } }

Did you find this page useful? Please give it a rating: