Method group is Obsolete

ConnectionConfig

class in UnityEngine.Networking

マニュアルに切り替える
Obsolete

説明

このクラスは、2つのピアの間の接続のパラメータを定義しており、タイムアウトやサイズなどのチャンネル設定が含まれています。

NetworkServer と NetworkClient クラスはこのクラスのインスタンスを使って設定できます。 なぜなら、ConnectionConfig の設定が、これらのオブジェクトに設定された NetworkConnection のトランスポート層の接続に適用されるためです。

NetworkManager には、 作成したサーバーとクライアントを設定するのに使用する ConnectionConfig オブジェクトがあります。

ネットワーキングシステムのハイレベルのコンポーネントによって使用されるデフォルトのチャンネル接続設定は、 * チャンネル 0 - 信頼できる連続したチャンネル * チャンネル 1 - 信頼できないチャンネル

Some of the attributes of this ConnectionConfig instance can be modified using the Inspector UI for the NetworkManager in the Editor.

Important: Some parameters of ConnectionConfig should be exactly the same for connected peers. If they are different, a CRCMismatch error is received when trying to establish a connection.

These parameters are:
- PacketSize
- FragmentSize
- ResendTimeout
- DisconnectTimeout
- ConnectTimeout
- PingTimeout
- ReducedPingTimeout
- AllCostTimeout
- IsAckLong
- UsePlatformSpecificProtocols.