Version: 2020.1
特殊な最適化
Update: believable visuals in URP and HDRP

Unity で現実のようなビジュアルを作成する

Note that this guide was originally created for use with the Built-in Render Pipeline in Unity 2017.3. For information on adapting this guide for use with the Universal Render Pipeline (URP) and the High Definition Render Pipeline (HDRP), see Update: believable visuals in URP and HDRP.

This guide looks at the fundamental steps for setting up a good baseline for believable visuals. The advice in this guide is provided by the Spotlight Team at Unity. The Spotlight Team help developers and content creators achieve the desired look and quality for their projects. They hear stories from across the industry, and can identify the common issues that customers face. Questions that often arise when making a Scene are “How do we build to a fairly realistic standard visual?” and “How do we make a Scene in Unity that looks believable?”.

デジタルコンテンツをリアルに見せるためには、ライト、テクスチャ、スケール、マテリアルすべてがうまくまとまって作用する必要があります。膨大な量の機能、関数、オプション、プロパティー、システム、変数の調整を考えると、「どこから始めればいいのか。」と「どのような順番で進めるのか。」という疑問が出てくることでしょう。 このガイドは、これらの質問に答えることを目的としています。

項目

  1. Unity で使うアセットの準備
  2. Unity のレンダリング設定
  3. ライティングの手法
  4. モデリング
  5. シェーディング
  6. 屋外ライティングとシーン設定
  7. 屋内ライティングと局所ライティング
  8. ポストプロセスを理解する
  9. 動的ライティング

サンプルシーン

この説明には、Spotlight Tunnel のサンプルシーン を使っています。

サンプルシーンを使うには、このプロジェクトを任意のフォルダーに保存し Unity で開きます。

このサンプルプロジェクトで提供されるすべてのアセットは、Unity で開発されたプロジェクトにのみ利用してください。


  • 現実のようなビジュアルを作るためのベストプラクティスガイドは Unity 2017.3 で追加 NewIn20173
特殊な最適化
Update: believable visuals in URP and HDRP