Version: 2020.1
Lighting Data アセット
Scene View Draw Modes for lighting

GI キャッシュ

The GI cache is an internal data cache that the Unity Editor uses to store intermediate files when precomputing lighting data for Realtime Global Illumination (deprecated), lightmaps, Light Probes, and Reflection Probes. By storing this data in a cache, Unity can speed up subsequent precomputations.

The cache is shared between all Unity projects on the computer, so projects with the same content and lightmapping backend can share the files.

キャッシュのサイズ、保存場所、圧縮は GIキャッシュ 環境設定で管理できます。詳細は、Preferences を参照してください。

Using the GI Cache

The Unity Editor uses the GI Cache when it automatically precomputes lighting data. To enable the GI Cache, open the Lighting window (menu: Window > Lighting) and enable the Auto option next to the build button. This makes light data precomputations automatic, and stores data in the GI Cache.

Lighting ウィンドウでは、シーン内のベイクしたデータをクリアすることができます (Auto チェックボックスを選択解除し、Build ボタンのドロップダウンをクリックし、 Clear Baked Data を選択)。これは GI キャッシュをクリアしません。なぜなら、後でベイクの時間を増加するからです。

異なるマシン間で GiCache フォルダーを共有できます。これにより、ライティングビルドをより速く構築できます。なぜなら、ファイルがローカルで計算されるのではなく GiCache フォルダーからダウンロードされるからです。ビルド処理は低速のネットワークアタッチトストレージ (NAS, Network Attached Storage) に対して最適化されていないため、キャッシュを NAS に移動する前にベーク時間に重大な影響があるかどうかをテストしてください。

Lighting Data アセット
Scene View Draw Modes for lighting