Version: 2020.1
ビルトインレンダリングパイプライン
フォワードレンダリングパス

ビルトインレンダーパイプラインのレンダリングパス

Unity のビルトインのレンダーパイプラインはさまざまなレンダリングパスをサポートしています。レンダリングパスは、ライティングとシェーディングに関連する一連の操作です。レンダリングパスが異なると、機能とパフォーマンス特性も異なります。どのレンダリングパスがプロジェクトに最も適しているかは、プロジェクトのタイプとターゲットハードウェアによって異なります。

Graphics (グラフィックス) ウィンドウでプロジェクトに使用するレンダリングパスを選択し、カメラごとにそのパスをオーバーライドできます。

プロジェクトを実行するデバイスの GPU が選択したレンダリングパスをサポートしない場合、Unity は自動的に忠実度の低いレンダリングパスを使用します。例えば、ディファードシェーディングを処理できない GPU では、Unity はフォワードレンダリングを使用します。

フォワードレンダリング

フォワードレンダリングは、ビルトインレンダーパイプラインのデフォルトで、汎用のレンダリングパスです。

リアルタイムのライトは、フォワードレンダリングで描画するには非常に負荷がかかります。このコストを相殺するために、Unity が一度にピクセルごとにレンダリングするライトの数を選択できます。シーンの残りのライトは、頂点ごと、またはオブジェクトごとなど、より低い忠実度で描画されます。

プロジェクトで大量のリアルタイムライトを使用しない場合、またはライティングの忠実度がプロジェクトにとって重要でない場合は、このレンダリングパスがプロジェクトに適していると考えて良いでしょう。

詳しくは フォワードレンダリングパス を参照してください。

ディファードシェーディング

ディファードシェーディングは、ビルトインレンダーパイプラインで最もライトと影の忠実度が高いレンダリングパスです。

ディファードシェーディングは GPU サポートを必要とし、いくつかの制限があります。半透明のオブジェクト (Unity はフォワードレンダリングを使用)、平行投影 (Unity はカメラにフォワードレンダリングを使用)、ハードウェアのアンチエイリアス (ポストプロセスエフェクトを使用して同様の結果を得られます) をサポートしません。カリングマスクのサポートに制限があり、Renderer.receiveShadows フラグを常に true として扱います。

プロジェクトに多数のリアルタイムのライトがあり、高いレベルのライティングの忠実度が必要で、ターゲットハードウェアがディファードシェーディングをサポートしている場合、このレンダリングパスはプロジェクトに適しています。

このレンダリングパスの制限を含む詳細は、ディファードシェーディングレンダリングパスのページを参照してください。

古いディファード

古いディファード (ライトプレパス) はディファードシェーディングに似ていますが、異なる欠点を持つ異なる技術を使用します。Unity 5 の物理ベースの標準シェーダーをサポートしません。

詳しくは 古いディファードレンダリングパスを参照してください。

古い頂点ライト

古い Vertex Lit (頂点ライト) はライティングの忠実度が最も低いレンダリングパスで、リアルタイムの影をサポートしません。これは、フォワードレンダリングパスのサブセットです。

詳しくは Vertex Lit レンダリングパス を参照してください。

レンダリングパスの比較

ディファード フォワード 古いディファード 頂点ライト
機能
パーピクセルライト (法線マップ、ライトクッキー) サポート サポート サポート -
リアルタイムシャドウ サポート 警告あり サポート -
リフレクションプローブ サポート サポート - -
深度 & 法線バッファ サポート 追加のレンダリングパス サポート -
ソフトパーティクル サポート - サポート -
半透明オブジェクト - サポート - サポート
アンチエイリアス - サポート - サポート
ライトカリングマスク 制限あり サポート 制限あり サポート
ライトの厳密さ すべてのピクセル 一部のピクセル すべてのピクセル すべての頂点
パフォーマンス
1 ピクセルあたりのライトのコスト ライトが当たる pixel の数 ライトが当たるピクセル数*オブジェクトの数 ライトが当たる pixel の数 -
通常レンダリングされるオブジェクトの個数 1 ピクセル単位のライトの数 2 1
簡易なシーンのオーバーヘッド なし なし
サポートするプラットフォーム
PC (Windows/Mac) Shader Model 3.0+ & MRT すべて Shader Model 3.0+ すべて
モバイル (iOS/Android) OpenGL ES 3.0 & MRT、Metal (A8 以降の SoC を伴うデバイス上) すべて OpenGL ES 2.0 すべて
コンソール XB1、PS4 すべて XB1、PS4、360 -
ビルトインレンダリングパイプライン
フォワードレンダリングパス