Version: 2020.1
Package Manifest ウィンドウ
パッケージアセットへのアクセス

パッケージ用のスクリプティング API

Package Manager のスクリプティング API を使用して、プログラムを通して Package Manager を操作できます。例えば、ターゲットマシンのプラットフォームに応じて、特定のパッケージやバージョンをインストールしたい場合があります。

システムの中核となるのは、PackageManager.Client クラスです。これを使うと、パッケージの検索、パッケージのリストの参照、スクリプトによるパッケージのインストールとアンインストールをスクリプト経由で行えます。

もう 1 つの重要なクラスは PackageManager.PackageInfo です。これには、パッケージマニフェストとレジストリから取得したメタデータを含む、パッケージの状態が含まれます。例えば、パッケージで使用可能なバージョンのリストや、パッケージの検索やインストール中に発生する可能性があるエラーリストを取得できます。

プロジェクトにパッケージを追加

この例では、Client クラスを使用してプロジェクトにパッケージをインストールまたは加える方法を示しています。

Client.Add メソッドを呼び出すときに、 パッケージ名、または特定のバージョン付きの名前を指定できます。例えば、 Client.Add("com.unity.textmeshpro@1.3.0") は、TextMesh Pro パッケージのバージョン 1.3.0 をインストールし、Client.Add("com.unity.textmeshpro") のみを使用するとパッケージの最新バージョンをインストール (または、最新バージョンに更新) します。

Client.Add メソッドは AddRequest インスタンスを返します。これを利用して、状態やエラーを把握できます。また、新しく加えられたパッケージの PackageInfo 情報を含む Request レスポンスを取得できます。

using System;
using UnityEditor;
using UnityEditor.PackageManager.Requests;
using UnityEditor.PackageManager;
using UnityEngine;

namespace Unity.Editor.Example {
   static class AddPackageExample
   {
       static AddRequest Request;
      
       [MenuItem("Window/Add Package Example")]
       static void Add()
       {
           // パッケージをプロジェクトに加える
           Request = Client.Add("com.unity.textmeshpro");
           EditorApplication.update += Progress;
       }

       static void Progress()
       {
           if (Request.IsCompleted)
           {
               if (Request.Status == StatusCode.Success)
                   Debug.Log("Installed: " + Request.Result.packageId);
               else if (Request.Status >= StatusCode.Failure)
                   Debug.Log(Request.Error.message);

               EditorApplication.update -= Progress;
           }
       }
   }
}

プロジェクト内のパッケージのリストを参照

この例は、Client クラスを使用してプロジェクト内のパッケージを繰り返し使用する方法を示しています。

Client.List メソッドは ListRequest インスタンスを返します。これを利用して、List オペレーションやエラーの状態を把握できます。また、繰り返し使うパッケージの PackageInfo 情報を含む Request レスポンスを取得できます。

using System;
using UnityEditor;
using UnityEditor.PackageManager.Requests;
using UnityEditor.PackageManager;
using UnityEngine;

namespace Unity.Editor.Example {
   static class ListPackageExample
   {
       static ListRequest Request;
    
       [MenuItem("Window/List Package Example")]
       static void List()
       {
           Request = Client.List();    // プロジェクトにインストールしたパッケージを列挙する
           EditorApplication.update += Progress;
       }

       static void Progress()
       {
           if (Request.IsCompleted)
           {
               if (Request.Status == StatusCode.Success)
                   foreach (var package in Request.Result)
                       Debug.Log("Package name: " + package.name);
               else if (Request.Status >= StatusCode.Failure)
                   Debug.Log(Request.Error.message);

               EditorApplication.update -= Progress;
           }
       }
   }
}

プロジェクトにパッケージを埋め込む

この例は、Client クラスを使用して、すでにプロジェクトにインストールされているパッケージの 1 つを埋め込む方法を示しています。メインメソッドである Client.Embed は、パッケージのコピーを作成し、プロジェクトの Packages フォルダーに格納します。

Client.Embed メソッドはEmbedRequest インスタンスを返します。これを利用して、Embed オペレーションやエラーの状態を把握できます。また、新しく埋め込まれたパッケージの PackageInfo 情報を含む Request レスポンスを取得できます。

以下の例でも Client.List メソッドを使用し、現在プロジェクトにインストールされているパッケージの集合にアクセスし、埋め込みでもビルトインでもない最初のパッケージを選択します。

Client.List メソッドは ListRequest インスタンスを返します。これを利用して、List オペレーションやエラーの状態を把握できます。また、繰り返し使うパッケージの PackageInfo 情報を含む Request レスポンスを取得できます。

using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEditor;
using UnityEditor.PackageManager.Requests;
using UnityEditor.PackageManager;
using UnityEngine;

namespace Unity.Editor.Example
{
    static class EmbedPackageExample
    {
        static String targetPackage;
        static EmbedRequest Request;
        static ListRequest LRequest;

        [MenuItem("Window/Embed Package Example")]
        static void GetPackageName()
        {
            // まず、インストールされたパッケージの名前を取得します
            LRequest = Client.List();
            EditorApplication.update += LProgress;
        }

        static void LProgress()
        {
            if (LRequest.IsCompleted)
            {
                if (LRequest.Status == StatusCode.Success)
                {
                    foreach (var package in LRequest.Result)
                    {
                        // 現在、プロジェクトにインストールされていて、ビルトインでもなく
                        // すでに埋め込まれているものでもないパッケージのみを取得します
                        if (package.isDirectDependency && package.source
                            != PackageSource.BuiltIn && package.source
                            != PackageSource.Embedded)
                        {
                            targetPackage = package.name;
                            break;
                        }
                    }

                }
                else
                    Debug.Log(LRequest.Error.message);

                EditorApplication.update -= LProgress;

                Embed(targetPackage);

            }
        }

        static void Embed(string inTarget)
        {
            // プロジェクトにパッケージを埋め込みます
            Debug.Log("Embed('" + inTarget + "') called");
            Request = Client.Embed(inTarget);
            EditorApplication.update += Progress;

        }

        static void Progress()
        {
            if (Request.IsCompleted)
            {
                if (Request.Status == StatusCode.Success)
                    Debug.Log("Embedded: " + Request.Result.packageId);
                else if (Request.Status >= StatusCode.Failure)
                    Debug.Log(Request.Error.message);

                EditorApplication.update -= Progress;
            }
        }
    }
}


Package Manifest ウィンドウ
パッケージアセットへのアクセス