Version: 2020.1
Pseudo-classes
USS サポートプロパティー

USS プロパティータイプ

ビルトインとカスタムのプロパティー

USS を使用する場合、UI コード内のビルトインの VisualElement プロパティーの値や カスタムプロパティーの値を指定できます。

USS ファイルからそれらの値を読み込むことに加えて、ビルトインのプロパティー値は VisualElement の C# プロパティーを使用して C# で割り当てることができます。C# で割り当てられた値は、Unity スタイルシート (USS) から値をオーバーライドします。

You can extend USS with custom properties. Custom USS Properties require the -- prefix.

プロパティー値

ここでは、サポートされている型を列挙します。

長さ

UI Toolkit supports pixels (px) and percentages (%) as units of measurement for length. Pixel values are absolute, while percentages are usually relative to the element’s parent.

例:

  • width:200px; は、幅が 200 ピクセルであることを表します。
  • width:50%; は、幅が親要素の半分であることを表しています。

It is important to specify the unit of measurement. If you do not specify a unit of measurement, UI Toolkit assumes that the property value is expressed in pixels.

注意: 0 は、測定単位を必要としない特別な値です。

数値

数値は、浮動小数点数または整数リテラルで表されます。例えば、flex:1.0 です。

キーワード

一部のビルトインプロパティーでは、特定のキーワードがサポートされています。キーワードは、数字ではなく説明的な名前を提供します。例えば、position:absolute です。すべてのプロパティーは、プロパティーをデフォルト値にリセットする initial グローバルキーワードをサポートします。キーワードのリストについては、サポートされているプロパティー を参照してください。

UI Toolkit supports the following literal color values and functions:

  • 16 進数値: #FFFF00 (rgba はチャンネルごとに 1 バイト)、#0F0 (rgb)
  • RGB 関数: rgb(255, 255, 0)
  • RGBA 関数: rgba(255, 255, 0, 1.0)
  • カラーキーワード: bluetransparent

アセット

resource()url() 関数を使ってアセットを参照することができます。例えば background-image: resource("Images/img.png") を指定すると Images ディレクトリの img.png を背景画像として指定できます。参照されたアセットはインポート中に解決されます。

resource() 関数は Resources フォルダーか Editor Default Resources フォルダー下のファイルを受け取ります。以下の注意点があります。

  • ファイルが Resources フォルダー下にある場合は、ファイル拡張子を入れないでください。例えば background-image: resource("Images/my-image")
  • ファイルが Editor Default Resources下にある場合は、ファイル拡張子を入れる必要があります。例えば background-image: resource("Images/default-image.png")

さらに、テクスチャをロードするとき、resource() は高 DPI/Retina 画面を処理するための便利な方法を提供します。同じファイル名と @2x サフィックスを持つテクスチャが同じ場所に存在する場合、Unity は画面の DPI に応じて自動的にそれをロードします。 例えば、USS で resource("myimage") を使用する場合、Unity は Resources/myimage.pngResources/myimage@2x.png のいずれかをロードします。

url() 関数は、ファイルパスがプロジェクトルートへの相対パス、または USS ファイルを含むフォルダーのいずれかへの相対パスであると想定します。ファイル拡張子を含む必要があります。以下の例では、USS ファイルは Assets\Editor\USS にあり、 thumb.png 背景画像は Assets\Editor\Resources にあります。

  • USS ファイルの場所に基づく相対パスには、以下の例を使用します。url("../Resources/thumb.png");
  • プロジェクトの場所に基づく絶対パスには、以下の例のいずれかを使用します。url("/Assets/Editor/Resources/thumb.png"); url("project:/Assets/Editor/Resources/thumb.png"); url("project:///Assets/Editor/Resources/thumb.png"); 例えば background-image: url("Images/my-image.png") のようになります。

文字列

引用符を使用して文字列の値を指定します。例えば --my-property: "foo"


  • 2018–11–16 Page amended
Pseudo-classes
USS サポートプロパティー