Version: 2020.1
Emission
フレネルエフェクト

セカンダリマップ(詳細マップ)& 詳細マスク

セカンダリマップ(または詳細マップ)は、上記のメインテクスチャの上に2枚目のテクスチャを重ねることができます。あなたはセカンドアルベドカラーマップやセカンドノーマルマップを適用できます。一般的に、これらはメインアルベドや詳細マップと比較しオブジェクトの表面を何度も繰り返し横切ることではるかに小さいスケールでマッピングされます。

この理由は、さらに遠くから見ても詳細の正常なレベルを持ちながら、近くで見たときにマテリアルがシャープな詳細を持つことができるようにすることです。両方の目標を達成するために、単一の非常に高いテクスチャマップを使用する必要はありません。

詳細テクスチャの一般的な使用方法は、次のようになります。 - キャラクターの皮膚に毛穴や毛のような皮膚の詳細を追加します。 - レンガの壁に小さな亀裂や苔の広がりを追加します。 - 大きな金属容器に小傷や擦り傷を追加します。

このキャラクタは肌のテクスチャマップを持っていますが、まだ詳細テクスチャはありません。詳細テクスチャとして皮膚に毛穴を追加します。
このキャラクタは肌のテクスチャマップを持っていますが、まだ詳細テクスチャはありません。詳細テクスチャとして皮膚に毛穴を追加します。
アルベドスキンの毛穴の詳細テクスチャ
アルベドスキンの毛穴の詳細テクスチャ
毛穴の詳細のための法線マップ
毛穴の詳細のための法線マップ
その結果、キャラクターは現在、アルベドや法線マップレイヤをベースに許可したのよりも、はるかに高い解像度で彼女の皮膚を横切る微妙な毛穴の詳細を持っています。
その結果、キャラクターは現在、アルベドや法線マップレイヤをベースに許可したのよりも、はるかに高い解像度で彼女の皮膚を横切る微妙な毛穴の詳細を持っています。
詳細テクスチャは、光が表面に当たるのは微妙ですが、顕著な効果にすることができます。これは異なる照明コンテキストでの同じキャラクターです。
詳細テクスチャは、光が表面に当たるのは微妙ですが、顕著な効果にすることができます。これは異なる照明コンテキストでの同じキャラクターです。

単一の法線マップを使用している場合は、プライマリチャネルに ALWAYS plug してください。セカンダリ法線マップチャンネルは、プライマリのものよりもコストがかかりますが、完全に同じ効果があります。

詳細マスク

詳細マスクテクスチャは、詳細テクスチャが適用されているために、モデルの特定のエリアをマスクすることができます。これは、特定のエリアで詳細テクスチャを示すことができ、他の人にそれを隠すことができることを意味します。上記の皮膚の毛穴の例では、孔が唇や眉の上には表示されまないようにマスクを作成することもできます。

Emission
フレネルエフェクト