Version: 2020.1
言語: 日本語
一般的なアセットタイプ
アセットストアの使用

アセットパッケージ

Import assets acquired from the Unity Asset Store using the Package Manager.

Unity Standard Assets and items on the Unity Asset Store are supplied in asset packages. Asset packages are collections of files and data from Unity projects, or elements of projects, which Unity compresses and stores in one file with the .unitypackage extension. Like a zip file, an asset package maintains its original directory structure when it is unpacked, as well as metadata about assets (such as import settings and links to other assets).

Starting from Unity 2020.1, the dedicated Asset Store window is no longer hosted inside the Unity Editor. However, you can still access the Asset Store website at https://assetstore.unity.com/ and you can still search for your purchased and downloaded Asset Store packages, as well as import and download them directly in the Package Manager window.

To purchase an Asset Store package from Unity or a third-party publisher, start by searching the Unity Asset Store to find asset packages that meet your needs. When you find an asset package you want to use, purchase or download it in the Asset Store. You can also make it easier to locate packages by organizing your assets with labels and hiding Asset Store packages that are deprecated or unused.

Unity Package Manager で My Assets フィルターを選択すると、使用可能な Asset Store パッケージのリストが表示されます。Asset Store パッケージの 名前で検索 できます。使用したい Asset Store パッケージが見つかったら、Package Manager 内で ダウンロードしてインポート できます。Asset Store パッケージに新しいバージョンがある場合は、Package Manager ウィンドウで直接 更新 できます。

To create your own (custom) asset package, you can:

To import a local custom asset package into your project:

  • Assets > Import Package メニュー オプションを使用して、一群のアセットを現在、開いている Unity プロジェクトに展開します。詳細は、アセットパッケージのインポート を参照してください。

ダウンロードしたアセットファイルの場所

Asset Store ウィンドウを使ってプロジェクト内の Asset Store パッケージを管理できます。ただし、アセットファイルに直接アクセスする必要がある場合は、以下のパスにあります (コンピューターの設定によっては隠しフォルダーに入っている場合もあります)。

  • macOS: ~/Library/Unity/Asset Store-5.x
  • Windows: C:\Users\accountName\AppData\Roaming\Unity\Asset Store-5.x

これらのフォルダーには、特定の Asset Store ベンダーに対応するサブフォルダーが含まれており、ダウンロードしてインポートした後に利用可能になります。アセットファイルは、Asset Store パッケージパブリッシャーによって定義された構造でサブフォルダー内に含まれています。




  • My Assets フィルターは Unity 2019.3 で追加NewIn20193
  • Standard Assets の再インストール、Standard Assets のアップグレード、Standard Assets のインストール、Standard Assets のインポート


一般的なアセットタイプ
アセットストアの使用