特殊な最適化
Unityで使うアセットの準備

Unity で現実のようなビジュアルを作成する

このベストプラクティスガイドでは、現実のようなビジュアルを作成するためのベースを設定する基本的な手順を紹介します。このガイドの説明は Unity の Spotlight チームによるものです。Spotlight チームは、開発者とコンテンツ制作者がプロジェクトで望みどおりの外観とクオリティを達成するのを支援します。このチームは業界全体の情報に通じ、ユーザーが直面する共通の問題を認識しています。シーンを作るときによくある質問は、「どのように極めてリアルな標準ビジュアルを構築できますか。」と「現実のようなシーンを Unity で作るにはどのようにすればよいですか。」です。

デジタルコンテンツをリアルに見せるためには、ライト、テクスチャ、スケール、マテリアルすべてがうまくまとまって作用する必要があります。膨大な量の機能、関数、オプション、プロパティー、システム、変数の調整を考えると、「どこから始めればいいのか。」と「どのような順番で進めるのか。」という疑問が出てくることでしょう。 このガイドは、これらの質問に答えることを目的としています。

項目

  1. Unity で使うアセットの準備
  2. Unity のレンダリング設定
  3. ライティングの手法
  4. モデリング
  5. シェーディング
  6. 屋外ライティングとシーン設定
  7. 屋内ライティングと局所ライティング
  8. ポストプロセスを理解する
  9. 動的ライティング

サンプルシーン

このガイドは Spotlight Tunnel サンプルシーン を使って進めていきます。

サンプルシーンを使うには、このプロジェクトを任意のフォルダーに保存し Unity で開きます。

注意:Spotlight Tunnel プロジェクトは Unity 2017.1.0f3 で作成されました。それより新しいバージョンの Unity でこのプロジェクトを使用するには、ライティングを再生成してください。なぜなら、異なるバージョンでライティングデータの非互換性が発生する場合があるためです。Unity エディターでライティングを再生成するには、Window > Lighting > Settings を選択し、Lighting ウィンドウの下部にあるライティング生成 Generate Lighting ボタンをクリックします。

このサンプルプロジェクトで提供されるすべてのアセットは、Unity で開発されたプロジェクトにのみ利用してください。


  • 2018–03–23 限られた 編集レビュー でパブリッシュされたページ
  • 現実のようなビジュアルを作るるためのベストプラクティスガイドは Unity 2017.3 で追加 NewIn20173
特殊な最適化
Unityで使うアセットの準備