Version: 2020.1
Hardware requirements for the Built-in Render Pipeline
Using the High Definition Render Pipeline

Using the Universal Render Pipeline

ユニバーサルレンダーパイプライン (URP) は、Unity によって作成されたスクリプタブルレンダーパイプラインです。URP はアーティスト向けのワークフローを提供し、モバイルからハイエンドのコンソールやPCまで、幅広いプラットフォームで最適化されたグラフィックスを素早く簡単に作成できます。

An earlier version of URP was called the Lightweight Render Pipeline (LWRP). URP replaces LWRP.

For information on how to use URP, see the URP documentation microsite

Hardware requirements for the Built-in Render Pipeline
Using the High Definition Render Pipeline