Version: 2020.3
分析
Profiling your application

Profiler overview

Unity Profiler (プロファイラー) は、アプリケーションのパフォーマンス情報を取得するためのツールです。ネットワーク上のデバイスやマシンに接続されたデバイスに接続して、目的のリリースプラットフォームでアプリケーションがどのように動作するかをテストでき ます。また、エディターで実行して、 アプリケーション開発中にリソース割り当ての概要を確認することもできます。

The Profiler gathers and displays data on the performance of your application in areas such as the CPU, memory, renderer, and audio. It’s a useful tool to identify areas for performance improvement in your application, and iterate on those areas. You can pinpoint things like how your code, assets, scene settings, camera rendering, and build settings affect your application’s performance. It displays the results in a series of charts, so you can visualize where spikes in your application’s performance happen.

In addition to using the built-in Unity Profiler, you can use the low level native plug-in Profiler API to export profiling data to third-party profiling tools, and the Profiling Core package to customize your profiling analysis. You can also add powerful profiling tools such as the Memory Profiler, and the Profile Analyzer to your project to analyze performance data in further detail.

Profiler ウィンドウにアクセスするには、Window > Analysis > Profiler の順に移動します。ウィンドウの詳細な説明は、Profiler ウィンドウ のページを参照してください。

このセクションでは、以下のトピックについて説明します。

How to profile and optimize your application

アプリケーションのプロファイリングのベストプラクティスと、プロファイリングを通して調整できることについては、以下のガイドとチュートリアルを参照してください。

  • パフォーマンスと最適化 - Unity プロファイラー、パフォーマンス、最適化のヒントに関する Unity Learn チュートリアル
  • Optimization Corner - アプリケーションの最適化に関するベストプラクティスガイド。
分析
Profiling your application