Version: 2020.3
UDP トラブルシューティング
Unity での AR 開発入門

XR

XR 開発は初めてですか? ここから始めましょう。

XR は、以下のタイプのアプリケーションを含む包括的な用語です。

  • 仮想現実 (VR): アプリケーションは、 ユーザーの周囲に全く違う環境をシミュレートします。
  • 複合現実感 (MR): アプリケーションは、それ自体の環境とユーザーの現実環境を組み合わせ、それらを相互作用させることができます。
  • 拡張現実 (AR): アプリケーションは、現実世界のデジタルビューにコンテンツを重ねます。

サポートするプラットフォーム

Unity は戦略的パートナーと緊密に連携し、Unity がサポートするプラットフォーム用のコンテンツを開発する際に、クリエイターが必要なすべてのサポートを得られるようにしています。これには、深いプラットフォームのインテグレーション、Unity エンジンの改善、各プラットフォームの XR 技術スタックの最適化が含まれます。

Unity supports these platforms for XR:

  • ARKit
  • ARCore
  • Microsoft HoloLens
  • Windows Mixed Reality
  • Magic Leap
  • Oculus
  • OpenXR
  • PlayStation VR

Unity does not support XR on WebGL.

Unity XR プラグインフレームワーク

Unity は XR SDK と呼ばれる新しいプラグインフレームワークを開発しました。これにより、XR プロバイダーを Unity エンジンと統合し、その機能を十分に活用できます。このプラグインベースのアプローチは Unity の能力を向上させ、迅速なバグ修正を行い、プラットフォームパートナーから SDK の更新を配布し、コアエンジンを変更することなく新しい XR デバイスとランタイムをサポートします。詳細は以下を参照してください。

Unity の AR 開発

The AR overview page details how to get started with creating an AR application, lists the packages you need to download, and offers related links to additional documentation. Unity recommends downloading the AR Template from the Unity Hub to create your application for Unity’s supported handheld and wearable AR devices.

Unity の VR 開発

The VR overview page details how to get started creating a VR application, lists the packages you need to download, and offers related links to additional documentation. To start, Unity recommends downloading the VR Template from the Unity Hub to create your application for Unity’s supported VR devices.

API の使用例

AR Foundation Samples GitHub リポジトリ には、Unity の AR Foundation API の例が含まれています。

その他の Unity リソース

UDP トラブルシューティング
Unity での AR 開発入門