Version: 2020.3
Lightmap Parameters アセット
ライトマップとLOD

指向性モード

ライトマップには、2 つの Directional Mode (指向性モード) があります。 Directional (指向性) と Non-Directional (非指向性)。どちらのモードも、Unity のリアルタイムグローバルイルミネーションシステムによるリアルタイムのライトマップと、Unity のプログレッシブライトマッパーによるベイクドライトマップに対応しています。デフォルトのモードは Directional です。

指向性ライトマップをベイクすると、Unity は 2 つのライトマップテクスチャを生成します。1 つのテクスチャには、ターゲットのサーフェス全体で受け取ったライトの強度と色に関する情報が格納されます。これは非指向性ライトマップと同じです。もう 1 つのテクスチャには、主なライトの方向と、その主な方向から受けた光が全体のどのくらいの割合を占めるかを表す係数が格納されます。

この画像の樽には、非指向性ライトマップがベイクされています。

この画像の樽には指向性ライトマップがベイクされています。

パフォーマンス

指向性モードのライトマップは 2 つのテクスチャで構成されており、シェーダーはレンダリング時に両方のテクスチャをサンプリングします。テクスチャの追加により、ビデオメモリの必要量が増加します。また、追加の指向性テクスチャを生成することは、ベイクのパフォーマンスにも影響します。

非指向性モードのライトマップには、1 つのテクスチャしか含まれていません。その結果、指向性マップに比べて、必要なビデオメモリとストレージが少なくて済み、シェーダーでのデコードも速くなります。これらの最適化は、視覚的な品質を低下させます。

ライトマップモードの設定

Lighting Settings アセット でモードを設定するには、Lighting ウィンドウ (Window > Lighting > Settings) を開き、Scene をクリックし、Lightmapping Settings に移動し、Directional Mode を選択します。

1 つまたは複数のシーンに適用できる Lighting Settings アセットのインスタンスにライトマップモードを設定できます。個々のライトマップにライトマップモードを設定することはできません。

指向性モードを使用した追加的なロード

Unity はシーンを追加的に読み込むことができます。これは、例えば 複数シーンの編集 を使用できることを意味しています。 シーンを追加的にロードする場合、すべてのシーンは同じ指向性モードを使用しなければなりません。これには、UI エレメントや起動画面など、ベイクされていないシーンも含まれます。同じ Lightmap Parameters アセット をプロジェクトのすべてのシーンに使用することで、設定の矛盾を避けることができます。

Lightmap Parameters アセット
ライトマップとLOD