Version: 2020.3
プロパティの編集
ステータスバー

ツールバー

ツールバーは、Unity エディターの上部にあります。これはウィンドウではなく、Unity のインターフェースの中で唯一、配置を変えることができない部分です。

エディターの上部に表示されたツールバー
エディターの上部に表示されたツールバー

ツールバーには、いくつかのコントロール群が含まれています。各コントロールは、エディターのさまざまな部分に関連しています。

コントロール 説明
シーンビュー で、トランスフォームツールを使います。

- ツールバーの最初のツールである ハンドツール を使うと、シーンをパンすることができます。
- 移動回転スケール矩形トランスフォーム ツールを使うと、個々のゲームオブジェクトを編集できます。

選択されたゲームオブジェクトで、4 つのトランスフォームツールのいずれかが選択されている場合、シーンビューに ギズモ が表示されます。
トランスフォームギズモを切り替えると、シーンビュー に影響を与えます。
ゲームビュー で再生、一時停止、ステップボタンを使います。
Unity CollaborateCollab ドロップダウンメニューから起動します。
Cloud ボタンをクリックすると、Unity Services ウィンドウが開きます。
Account ドロップダウンメニューから Unity アカウント にアクセスできます。
Layers ドロップダウンメニューで、シーンビューに表示されるオブジェクトを制御できます。
ビューの配置を変更してから、Layout ドロップダウンメニューで新しいレイアウトを保存したり、既存のレイアウトをロードすることができます。
プロパティの編集
ステータスバー