Version: 2020.3
スコープ付きレジストリ認証
リストビュー

Package Manager ウィンドウ

Unity Package Manager (Window > Package Manager ) を使用して、プロジェクトに対し、どのパッケージ がインストール可能か、または、すでにインストールされているかを確認できます。さらに、このウィンドウを使って、使用可能なバージョン の確認や、各プロジェクトのパッケージの インストール削除無効化更新 を行うことができます。

Package Manager ウィンドウ
Package Manager ウィンドウ

Package Manager ウィンドウは以下を表示します。

(A) プレビューパッケージインジケーター。プロジェクトに プレビューパッケージ が含まれていることを警告します。デフォルトでは、Package Manager は、リストにプレビューパッケージを表示しません。しかし、プロジェクトの設定の Enable Preview Packages をオンにすると、プレビューパッケージがリストに表示されます。

(B) add  ボタン。これをクリックして、git URL またはローカルパスを入力して、直接プロジェクトに パッケージをインストール できます。

(C) Packages ドロップダウンメニュー。これを使ってリストに表示される内容 (コンテキスト) を変更することができます。

(D) Sort ドロップダウンメニュー。これを使ってパッケージのリストを名前や日付でソートすることができます。

Asset Store パッケージでは、2 つの追加コントロールで、[フィルタリングのオプションがいくつか追加されています]](upm-ui-filter2.html)。

Filters ドロップダウンメニューと Clear Filters ボタンで、リストに表示される Asset Store のパッケージを絞り込むことができます。
Filters ドロップダウンメニューと Clear Filters ボタンで、リストに表示される Asset Store のパッケージを絞り込むことができます。

(E) 詳細設定  。Package Manager のプロジェクト設定にアクセスしたり、プロジェクトのパッケージをデフォルトに戻したりするときに使います。

(F) 検索フィールド。パッケージを名前で検索します。

(G) パッケージのリストビュー。指定したフィルターと検索パラメーターに一致するすべてのパッケージを表示します。

(H) パッケージ固有の詳細ビュー。リストで選択したパッケージの詳細情報を表示します。

(I) ステータスバー。Package Manager がパッケージをロードするときに情報を表示します。これには、エラーや警告メッセージ、利用可能な Asset Store パッケージの数、さらに Asset Store パッケージをロードするためのリンクが含まれます。

(J) reload  ドロップダウンメニューで。強制的に Package Manager にプロジェクトのパッケージの再読み込みや解決をさせます。

(K) パッケージをインストール、または 更新 するボタン (選択したバージョンがすでにインストールされている場合は Up to date メッセージ)。

(L) パッケージを 削除 または 無効にする ボタン。

Advanced 設定

詳細設定 ドロップダウンメニューでは、以下の操作を行うことができます。

ドロップダウン項目 説明
プロジェクトの詳細設定 この項目を選択すると、Package Manager のプロジェクト設定 が開き、以下のことができます。

- プロジェクト内で スコープされたレジストリ を追加、編集、削除する。
- Unity レジストリのブラウズ時に プレビューパッケージ を表示する。
- インストールされている別のパッケージの依存関係としてインストールされているパッケージを確認する (間接的な依存関係)。
Reset Packages to defaults Package Manager のデフォルト設定に戻すには、この項目を選択します。

注意: これにより、プロジェクトのマニフェストファイルからすべてのカスタムの設定が削除されます。プロジェクトのマニフェストファイルのどこが悪いのかわからない場合にのみ、最後の手段として使用してください。

ステータスバー

Package Manager は、Package Manager ウィンドウの左下のステータスバーにメッセージを表示します。

通常、以下の 4 つの状況メッセージが表示されます。

  • 新しいプロジェクトで初めて Package Manager ウィンドウを開くと、Loading packages (パッケージを読み込んでいます) というメッセージが一瞬表示されます。

    パッケージを読み込み中メッセージ
    パッケージを読み込み中メッセージ

    このメッセージは、再ロード ボタンをクリックしたときにも表示されます。

  • My Assets のコンテキストを使用する場合、日付の上にロードバーが表示されます。このバーには、Asset Store のパッケージ数と、さらにパッケージを読み込むための数字のリンクが表示されます。

    ロードバーには、Asset Store のロード数と利用可能な総数が表示されます (A)。右側の数字のリンク (B) をクリックすると、より多くのパッケージがロードされます (ここでは 14)。
    ロードバーには、Asset Store のロード数と利用可能な総数が表示されます (A)。右側の数字のリンク (B) をクリックすると、より多くのパッケージがロードされます (ここでは 14)。
  • ほとんどの場合、ステータスバーには Package Manager ウィンドウが最後に情報を更新した日時が表示されます。

    最終更新メッセージ
    最終更新メッセージ
  • ただし、パッケージマネージャーが、ネットワーク接続がないなどの 問題を検出すると、ステータスバーにエラーを表示します。

    ネットワークエラーメッセージ
    ネットワークエラーメッセージ
  • ネットワーク接続が機能している状態で Unity アカウント にサインインしていない場合、Package Manager は Asset Store パッケージを表示しません。My Assets コンテキストを使用しようとすると、Package Manager のステータスバーにエラーが表示されます。

    Unity アカウントからログアウトした状態
    Unity アカウントからログアウトした状態

    リストビューで Sign in ボタンをクリックすると、Unity Hub 経由で Unity アカウントにサインインできます。

これらのエラーを解決する方法などについては、エラーメッセージ を参照してください。


  • パッケージマネージャーのマイアセットのロードバーは2020.3 で追加NewIn20203


スコープ付きレジストリ認証
リストビュー