Version: 2020.3
カスタムスクリプト #define ディレクティブ
Using Addressables in Unity Cloud Build

指定したシーンをビルド

デフォルトでは、Unity Cloud Build は Unity エディターの File > Build Settings > Scenes in Build でプロジェクトに加えたシーンをビルドします。Add Open Scenes をクリックすると、追加のシーンを加えられます。詳しくは ビルドの公開 を参照してください。

Unity Cloud Build に Unity エディターの Scenes in Build リストを無視して違うシーンのリストをビルドするように指示するには、 Unity Developer web サイト を通して Scene List を設定する必要があります。

Unity Developer web サイト で、ビルドターゲットの Advanced Options に移動します。(Advanced Options のアクセスと編集に関する詳細は、ドキュメントを参照してください。)

Edit Advanced Options 画面
Edit Advanced Options 画面

Scene List に入れたいシーンを加えます。 Assets ディレクトリから、取り込みたい各シーンファイルへの相対パスを、ファイルパスとして設定します。

指定したシーンをビルドすることは、開発時に役に立ちます。例えば、すべてのシーンを含むビルドターゲットがあるかもしれませんが、ビルドに長い時間がかかります。たった 1 つのシーンで作業している場合は、そのシーンだけを含むビルドターゲットを別に作成すると便利です。こうすると、ずっと速くビルドでき、より素早く開発バージョンのイテレーションを行うことが可能になります。

カスタムスクリプト #define ディレクティブ
Using Addressables in Unity Cloud Build