Version: 2020.3
シーンビューコントロールバー
ギズモメニュー

シーンビューカメラ

カメラ設定メニューには、シーンビューカメラを設定するためのオプションがあります。これらの設定は Camera コンポーネントを持つゲームオブジェクトの設定に影響しません。

カメラ設定メニューにアクセスするには、シーンビューのツールバーのカメラアイコンをクリックします。

シーンビューツールバーのカメラ設定メニュー
シーンビューツールバーのカメラ設定メニュー
プロパティー 説明
Field of View カメラのビュー角度の高さ 。
Dynamic Clipping これを有効にすると、シーンのビューポートサイズに対してカメラのニアクリップ面とファークリップ面が計算されます。
Clipping Planes Unity がシーンでゲームオブジェクトのレンダリングを開始し、停止するカメラからの距離。
Near Unity がゲームオブジェクトを描画するカメラに最も近い位置。
Far Unity がゲームオブジェクトを描画するカメラから最も遠い点。
Occlusion Culling これを有効にすると、シーンビューでオクルージョンカリングが有効になります。これにより、他のゲームオブジェクトの背後に隠れているためにカメラに映らないゲームオブジェクトを Unity がレンダリングするのを防ぎます。
Camera Easing これを有効にすると、Duration (継続時間) で設定された時間中、シーンビューでカメラのモーションをイーズイン/イーズアウトします。これにより、カメラは (フルスピードで開始するのではなく) 動き始めたときにイーズインし、停止したときにイーズアウトします。
Duration Camera Speed で設定された最初のフルスピードまでカメラが加速するのにかかる時間 (秒単位)。
Camera Speed シーンビューでのカメラの現在のスピード。
Min シーンビューのカメラの最低速度。有効な値の範囲は 0.01 から 98 です。
Max シーンビューでのカメラの最高速度。有効な値は 0.02 から 99 です。

ヒント: プロパティーをデフォルト値にリセットするには、カメラ設定メニューの右上にある歯車のアイコンをクリックし、Reset を選択します。

フライスルーモード では、移動中にカメラの速度を変更できます。これを行うには、マウスのスクロールホイールを使用するか、トラックパッド上で 2 本の指でドラッグします。

SceneView.CameraSetting API を使用して、 スクリプトでカメラを設定することもできます。


  • シーンビューカメラ設定は 2019.1 で追加NewIn20191
シーンビューコントロールバー
ギズモメニュー