Shader

class in UnityEngine

/

継承:Object

マニュアルに切り替える

説明

すべてのレンダリングに使用されるシェーダースクリプト

高度なレンダリングである Shader クラスは、Material クラスを介して制御されています。 Shader クラスは主にシェーダーがユーザーのハードウェア上で動作するかチェックするため ( isSupported プロパティー )、 およびシェーダーを名前により見つけるため ( Find メソッド )のみの目的で使用します。

関連項目: Material クラス、MaterialsShaderLab ドキュメント.

Static 変数

globalMaximumLODすべてのシェーダーのシェーダー LOD
globalShaderHardwareTier現在の端末のシェーダーのハードウェア層 (ティア) の分類

変数

isSupportedエンドユーザーのグラフィックスカード上で実行できるかどうか(読み取り専用)
maximumLODシェーダーの LOD レベル
renderQueueシェーダーのレンダーキュー(読み取り専用)

Static 関数

DisableKeywordグローバルシェーダーキーワードの設定を解除します。
EnableKeywordグローバルシェーダーキーワードを設定します。
Find名前からシェーダーを検索します
IsKeywordEnabledグローバルシェーダーキーワードが有効にされているか。
PropertyToIDシェーダープロパティー名からユニーク ID を取得します
SetGlobalBufferすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Compute Buffer プロパティーを設定します。
SetGlobalColorすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Color プロパティーを設定します
SetGlobalFloatすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Float プロパティーを設定します
SetGlobalFloatArrayすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Float 配列プロパティーを設定します
SetGlobalIntすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Int プロパティーを設定します
SetGlobalMatrixすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Matrix プロパティーを設定します
SetGlobalMatrixArrayすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Matrix 配列プロパティーを設定します
SetGlobalTextureすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Texture プロパティーを設定します
SetGlobalVectorすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Vector プロパティーを設定します
SetGlobalVectorArrayすべてのシェーダーに適用されるグローバルな Vector 配列プロパティーを設定します
WarmupAllShaders後のパフォーマンスの問題を防止するために、すべてのシェーダーをロードします

継承メンバー

変数

hideFlagsオブジェクトは非表示、シーンに保存、ユーザーが編集可能、などを設定する。
nameオブジェクト名

Public 関数

GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringゲームオブジェクトの名前を返します

Static 関数

Destroyゲームオブジェクトやコンポーネント、アセットを削除します
DestroyImmediateオブジェクト obj を破棄します。
DontDestroyOnLoad新しいシーンを読み込んでもオブジェクトが自動で破壊されないように設定します
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeタイプから見つけたすべてのアクティブのオブジェクト配列を返します
Instantiateオブジェクト original のコピーを返します

Operator

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。