RuntimePlatform

enumeration

マニュアルに切り替える

説明

アプリが実行されているプラットフォームを返します。

注意: RuntimePlatform とプラットフォーム別のコンパイルの違いは、 RuntimePlatform が実行時に評価されるのに対してプラットフォーム別のコンパイルは コンパイル時に評価されます。つまりプラットフォーム別のコンパイルを使用できる場合は使用すべきです。 多くの場合同様の機能が得られますが、プラットフォーム別コンパイルを使用するほうが、実行時にチェックする必要がないため軽くて高速なコードを生成できます。 ある場合では、実行時に RuntimePlatform が必要なことがあります。

変数

OSXEditorMac OS X 上の Unity エディター
OSXPlayerMac OS X プレイヤー
WindowsPlayerWindows プレイヤー
OSXDashboardPlayerMac OS X のダッシュボードプレイヤー
WindowsEditorWindows 上の Unity エディター
IPhonePlayeriOS プレイヤー
XBOX360Xbox 360 プレイヤー
PS3Play Station 3 プレイヤー
AndroidAndroid プレイヤー
LinuxPlayerLinux プレイヤー
WebGLPlayerWebGL プレイヤー
WSAPlayerX86CPU アーキテクチャが X86 のときの Windows Store Apps プレイヤー
WSAPlayerX64CPU アーキテクチャが X64 のときの Windows Store Apps プレーヤー
WSAPlayerARMCPU アーキテクチャが ARM のときの Windows Store Apps プレーヤー
WP8PlayerWindows Phone 8 プレイヤー
TizenPlayerTizen プレイヤー
PSP2Vita プレイヤー
PS4Play Station 4 プレイヤー
XboxOneXbox One プレイヤー
SamsungTVPlayerSamsung Smart TV プレイヤー
WiiUWii U プレイヤー
tvOSApple TV プレイヤー