Version: 2018.2
2D/3D モード設定
プリセット

Preferences

Unity には多くの環境設定があり、Unity エディターの挙動をカスタマイズすることができます。環境設定にアクセスするには、 Unity > Preferences (macOS の場合) か Edit > Preferences… (Windows の場合) の順に選択します。

General

項目 プロパティー
Auto Refresh Check this box to update Assets automatically as they change.
Load Previous Project on Startup Check this box to always load the previous project at startup.
Compress Assets On Import Check this box to automatically compress Assets during import.
OSX Color Picker (macOS) Check this box to use the native macOS color picker instead of Unity’s own.
Disable Editor Analytics (Pro only) Check this box to stop the Editor automatically sending information back to Unity.
Show Asset Store search hits Check this box to show the number of free/paid Assets from the Asset Store in the Project Browser.
Verify Saving Assets Check this box if you wish to verify which Assets to save individually on quitting Unity.
Script Changes While Playing Select the drop-down menu to choose Unity’s behaviour when scripts change while your game is running in the Editor
Recompile And Continue Playing Recompile your scripts and keep running the Scene. This is the default behaviour, but you might want to change it if your scripts rely on any non-serializable data.
Recompile After Finished Playing Defer recompilation until you manually stop your Scene, avoiding any interruption.
Stop Playing And Recompile Immediately stop your Scene for recompilation, allowing you to quickly restart testing.
Editor Skin (Plus/Pro only) Select the drop-down to choose which skin to apply to the Unity Editor. Choose Personal for light grey with black text, or Professional for dark grey with white text.
Enable Alpha Numeric Sorting Check this box to enable a new button in the top-right corner of the Hierarchy window, allowing you to switch between Transform sort (which is the default behaviour) and Alphanumeric sort.
Device To Use Select the drop-down menu to choose which of your computer’s graphics devices Unity should use. You can leave this on Automatic unless you want Unity to use a specific device. This setting will override any device specified in command line options.

External Tools

項目 プロパティー
External Script Editor Select which application Unity should use to open script files. Unity automatically passes the correct arguments to script editors it has built-in support for. Unity has built-in support for Visual Studio (Express), Visual Studio Code, Xamarin Studio and JetBrains Rider.
External Script Editor Args Select which arguments to pass to the external script editor.
$(File) is replaced with a path to a file being opened.
$(Line) is replaced with a line number that editor should jump to.
$(ProjectPath) is replaced with the path to the open project.
If not set on macOS, then the default mechanism for opening files is used. Otherwise, the external script editor is only launched with the arguments without trying to open the script file using the default mechanism.
See below for examples of external script editor arguments.
Editor Attaching Unity エディターでスクリプトをデバッグするには、このボックスをチェックします。このオプションを無効にすると、スクリプトをデバッグするデバッガを Unity に設定できません。
Image application 画像ファイルを開くのに使うアプリケーションを選択します。
Revision Control Diff/Merge アセットサーバーとのファイルの不一致を解決するために使用するアプリケーションを選択します。Unity は、デフォルトのインストール場所でこれらのツールを検出します (Windows ではTortoiseMerge, WinMerge, PlasticSCM Merge, Beyond Compare 4 のレジストリキーを確認します)。

スクリプトエディタ引数の例

  • Gvim/Vim: --remote-tab-silent +$(Line) "$File"
  • Notepad2: -g $(Line) "$(File)"
  • Sublime Text 2: "$(File)":$(Line)
  • Notepad++: -n$(Line) "$(File)"

Colors

このパネルでは、さまざまなユーザーインターフェースの要素を表示するときに使用する色を変更することができます。

Keys

このパネルでは、Unity のさまざまなコマンドを有効にするキーを設定することができます。

GI Cache

項目 プロパティー
Maximum Cache Size (GB) スライダーを使って最大 GI キャッシュフォルダーサイズを設定します。GI キャッシュフォルダーは可能な限りこれより小さいサイズに維持されます。スペースを確保するため、使用されていないファイルは定期的に削除されます。この機能はエディターによって自動的に行われるため、特に何もする必要はありません。
Custom cache location これを有効にすると、GI キャッシュフォルダーを指定した場所に保存することができます。キャッシュフォルダーは、すべてのプロジェクト間で共有されます。
Cache compression これを有効にすると、GI Cacheファイルの高速なリアルタイム圧縮を有効にし、生成するデータのサイズを削減します。生の Enlighten データにアクセスする必要がある場合、キャッシュの圧縮を無効にして、キャッシュを削除してください。
Clean Cache キャッシュディレクトリを消去するために、このボタンを使用します。

2D

項目 プロパティー
Maximum Sprite Atlas Cache Size (GB) スライダーを使って、スプライトアトラスキャッシュの最大のフォルダーサイズを設定します。スプライトアトラスキャッシュのフォルダーは、可能な限りこれより小さいサイズに維持されます。

Cache Server

項目 プロパティー
Use Cache Server 専用のキャッシュサーバーを使用します。
IP Address 専用のキャッシュサーバーを有効にする場合は、その IP アドレスを入力します。

  • 2018–04–06 限られた 編集レビュー で修正されたページ

  • 2018.1 で外部スクリプトエディターのリストを更新

  • プレイ中のスクリプトの変更とデバイスの使用ドロップダウンメニューはUnity 2018.2で追加

2D/3D モード設定
プリセット