Version: 2018.2
ユニバーサル Windows プラットフォーム: 展開
ユニバーサル Windows プラットフォーム: コマンドライン引数

ユニバーサル Windows プラットフォーム: プロファイラー

Unity のプロファイラーに接続して、ユニバーサル Windows アプリケーションを実行できます。 以下のステップを実行します。

  • Go to Player Settings > Publishing Settings > Capabilities
  • Private Networks Client Sever を有効にします
  • Unity の Universal Windows App Visual Studio ソリューションをビルドします
  • アプリケーションをビルドして実行します
  • Autoconnect Profiler にチェックを入れると、プロファイラーは自動的にユニバーサル Windows アプリケーションに接続します。そうでない場合は、明示的に Unity で選択する必要があります (Window > Analysis > Profiler > Active Profiler)。例えば MetroPlayerX86 (MyDevice) など。

ノート: プロファイラーは Master 設定では機能しません

ノート: ユニバーサル Windows プラットフォームの制限により、アプリケーションが同じマシン上で実行されている場合はプロファイラーを接続できません。例えば、同じ PC 上で Unity エディターとユニバーサル Windows プラットフォームを実行している場合は、接続できません。1 つのマシンで Unity エディターを実行し、別のマシンでユニバーサル Windows プラットフォームを実行する必要があります。このルールの唯一の例外は、“Autoconnect Profiler” ビルドオプションです。これを使うとアプリケーションをエディターに接続することです。

ノート: Unity エディターが実行されているマシンと、ユニバーサル Windows アプリケーションが実行されているマシンが 同じサブネット上にあることを確認してください


• 2017–05–16 編集レビュー 無しに修正されたページ - ページのフィードバックを残す

ユニバーサル Windows プラットフォーム: 展開
ユニバーサル Windows プラットフォーム: コマンドライン引数