ネットワークマネージャー
Physics 2D Settings

Physics マネージャー

Physics Manager にアクセスするには、メニューバーから Edit > Project Settings > Physics を選択します。これは 2D を扱う Physics 2D マネージャー と同じようなものです。

プロパティー

プロパティー: 説明:
Gravity すべての リジッドボディ に適用される重力量。通常重力は Y 軸にのみ働きます(負が下)。重力の単位は、メートル / (秒 ^2) です。注意: 重力を大きくすると場合によっては衝突の安定維持を行うために「Solver Iteration Count(ソルバー反復の回数)」を大きくする必要が出てくるかもしれません。
Default Material 個々の コライダー に何も割り当てられていない場合に使用されるデフォルトの Physic Material
Bounce Threshold 相対速度が指定した値未満のとき、 衝突する2 つのオブジェクトは跳ね返りません。この値により、ジッタも減るため、低すぎる値を設定することはお勧めしません。
Sleep Threshold 運動していない剛体がスリープ状態に入る、質量で正規化された運動エネルギーのしきい値。自身の質量によって割られた剛体の運動エネルギーが、このしきい値以下の場合、スリープの対象になります。
Default Contact Offset 衝突検知システムが、接触判定を生成するために使用する距離の指定。この値は正の値でなくてはならず、また、もし0に近すぎる値を設定するとジッタリングの原因になります。デフォルト値は 0.01 です。それらの contact offset の合計値よりも距離が小さいコライダーのみ、衝突接触判定を生成します。
Solver Iteration Count ジョイントおよび接点が解決される精度を定義します。通常、7 の値にすると、ほぼすべての状況にうまく機能します。
Queries Hit Triggers 有効にすると、トリガーと付けられたコライダーと交差するレイキャストがヒットを返します。無効にすると、これらの交差はヒットを返しません。個々のレイキャストは、この動作を上書きすることができます。
Enable Adaptive Force “adaptive force” は、より現実的な挙動を与える事を目的に、積み重なったオブジェクト間で力を伝達する方法に影響します。このオプションは adaptive force の有効/無効を切り替えます。Unity 5.0 ではデフォルトで無効になっている事に注意してください。
Layer Collision Matrix レイヤーベースの衝突検出 検出システムの動作を定義します。

詳細

Physics マネージャーを設定して、物理演算精度の限界を定義します。一般的に、より高精度のシミュレーションには、より高いプロセッサ負荷が必要になるので、これらの設定でパフォーマンスと精度という相反する要素のバランスをとります。より詳細な情報はマニュアルのPhysics セクションを見てください。

ネットワークマネージャー
Physics 2D Settings