Unity Collaborate
Collaborate にチームメイトを追加

Unity Collaborate の設定

Unity Collaborate を開始するには、まずゲームを Unity Services Project ID と紐付けなくてはなりません。 Unity Services Project ID は Unity が提供するすべてのサービス(Analytics, Collaborate, Cloud Build, など)で横断的に使用されるオンライン認証の仕組みです。各サービスのウインドウ上か、オンラインで Unity Services のWebサイトから ID を作成することができます。

ステップ 1. 自分のプロジェクトを Unity Services Project ID と紐づける

The Services Window
The Services Window

メニューバー(Mac)もしくはタスクバー(Windows)から Window > Unity Services を選択して、サービスウインドウを開きます。もしくは、ツールバーのクラウドボタンをクリックしてください。

Cloud Button
Cloud Button

新規 Project ID を作成するか、既存の ID を使用するかの選択肢が表示されます。

プロジェクトを Unity サービスに接続するのが初めての場合、新しいプロジェクト ID を作成する必要があります。普通、 organization name (組織名)は会社名になります。新しいサービス ID 用のプロジェクト名には、今作業しているプロジェクトの名称が自動的に入ります。

必要であれば、サービスウインドウの設定欄から Services Project ID の名称を変更することができます。

Creating a new Unity Services Project ID
Creating a new Unity Services Project ID

すでにプロジェクト用に Unity Services Project ID を用意してある場合は、存在するプロジェクトのリストからプロジェクト名を選択することができます(以下のサンプルを参照してください)。

注意: Unity Analytics, Ads, Cloud Build, Multiplayer など、すでにプロジェクトで何か Unity サービスを利用している場合は、それを使うこともできます。

Selecting an existing project
Selecting an existing project

ステップ 2. Collaborate を起動する

ツールバーの Collab を選択し “Start Now” をクリックします。

Step 3. 最初の変更を提出する

Collaborate が起動したら、最初のメッセージを書き、ファイルをパブリッシュします。 ファイルはクラウドに保存され、チームメイトに共有されます (以下の図を参照してください)。

Unity Collaborate
Collaborate にチームメイトを追加