プラグイン
マネージド プラグイン

Plugin インスペクター

プラグインの Inspector は、プロジェクト内でプラグインのターゲットプラットフォームを選択して管理するのに使用されます。プラグインファイルを選択するだけで Inspector を見ることができます。

CustomConnection と呼ばれるプラグインのインスペクター
“CustomConnection” と呼ばれるプラグインのインスペクター

Select platforms for plugin で、チェックボックスに印をつけてプラグインを使用するプラットフォームを選択します。Any Platform を選択すると、そのプラグインは Unity のエディターを含むすべてのプラットフォームに適用されます。

プラットフォームを選択したら、下のほうの Platform Settings 部分でさらに CPU のタイプや指定の OS など追加オプションを選択できます。この部分には、チェックして選んだプラットフォームのそれぞれのタブが含まれています。ほとんどのプラットフォームでは設定はまったくないか、CPU や OS の選択などの少々の設定しかありません。

プラグインとして扱われ、Unity Editor の プラグインの Inspector を表示するファイル拡張子の最近のリストは、PluginImporter::CanLoadPathNameFile() にあります。以下のファイル拡張子があるとファイルはプラグインとして認識されます。

  • .dll
  • .winmd
  • .so
  • .jar
  • .aar
  • .xex
  • .def
  • .suprx
  • .prx
  • .sprx
  • .rpl
  • .cpp
  • .cc
  • .c
  • .h
  • .jslib
  • .jspre
  • .bc
  • .a
  • .m
  • .mm
  • .swift
  • .xib

あるフォルダーはシングルプラグインバンドルとして扱われています。そのようなフォルダーでは追加のプラグインはなにも検出されません。以下の拡張子によってフォルダーがプラグインバンドルであることが認識されます。

  • .framework
  • .bundle
  • .plugin

デフォルト設定

Unity 4 からの移行を容易にするために、Unity 5 ではプラグインファイルが置かれているフォルダーに応じて、プラグインの設定を行います。

フォルダー デフォルト設定
Assets/../Editor プラグインはエディターでのみ互換性があると判断され、プラットフォームへとビルドした際には使用されません。
Assets/../Editor/(x86x86_64 または x64) プラグインはエディターでのみ互換性があると判断され、CPU に応じて使用するプラグインを割り当てます。
Assets/../Plugins/(x86_64 または x64) 64ビットのスタンドアロンのプラグインとして判断されます。
Assets/../Plugins/x86 32ビットのスタンドアロンのプラグインとして判断されます。
Assets/Plugins/Android/(x86armeabi または armeabi-v7a) プラグインは Android でのみ互換性があると判断され、CPU ごとに分かれたフォルダーが存在する場合は、CPU に応じて使用するプラグインを割り当てます。
Assets/Plugins/iOS プラグインは iOS でのみ互換性があると判断されます。
Assets/Plugins/WSA/(x86 または ARM) プラグインは Windows Store Apps と Windows Phone 8.1 でのみ互換性があると判断されます。CPU ごとに分かれたフォルダーが存在する場合は、CPU に応じて使用するプラグインを割り当てます。備考: WSA のキーワードの代わりに Metro を使用することもできます。
Assets/Plugins/WSA/(SDK80SDK81 または PhoneSDK81) 上記と同じで SDK に応じて使用するプラグインを割り当てることができます。また CPU のサブフォルダーを追加することも可能です。互換性を持たせるために、SDK81 は Win81 と同じで、PhoneSDK81 は WindowsPhone81 と同じ意味になります。
Assets/Plugins/Tizen プラグインは Tizen でのみ互換性があると判断されます。
Assets/Plugins/Xbox360 プラグインは Xbox360 でのみ互換性があると判断されます。
Assets/Plugins/PSVita プラグインは Playstation Vita でのみ互換性があると判断されます。
Assets/Plugins/PS4 プラグインは Playstation 4 でのみ互換性があると判断されます。
Assets/Plugins/SamsungTV プラグインは Samsung TV でのみ互換性があると判断されます。

デバイス特有の設定

エディター設定

エディタータブのオプション
エディタータブのオプション

例えば、CPU X86 を選択した場合、プラグインは 64 ビットエディター では使用できずに 32 ビットエディター でのみ使用することができます。

OS Windows を選択した場合は、Mac OS X エディター では使用できずに Windows エディター でのみ使用することができます。

スタンドアロン設定

スタンドアロンのプレイヤー設定 を参照してください。

Windows Store Apps

以下を参照してください。

Android

Android のためにビルドするとき、親のパスが Assets/Plugins/Android/ に一致するフォルダーは、Android ライブラリのプラグインフォルダーとして扱われます。さらに、それらは .plugin、.bundle、.framework などの特別な拡張子を持つフォルダーと同じように扱われます。

iOS

フレームワークの依存関係を表示する iOS プラグイン設定
フレームワークの依存関係を表示する iOS プラグイン設定
プラグイン
マネージド プラグイン