Quality Settings (画質設定)
スクリプト実行順設定

Graphics Settings (グラフィックス設定)

ここにあるグラフィックス設定の多くは、プロジェクト全体にわたるグラフィックス関連の設定をカスタマイズしたり最適化する事ができます。

Built-in shader settings (ビルトインシェーダーの設定)

Deferred Shading レンダリングパス旧 Deferred Lighting レンダリングパスそれぞれのレンダリングパスに関して、ライティングパス計算にどのシェーダーを使用するか指定できます。

Setting: Description:
Built-in shader (Default value) Unity のビルトインシェーダーを使用して計算を行います。
Custom shader 自身の適切なシェーダーを使用して計算を行います。Deferred レンダリングを深くカスタマイズすることができます。
No Support 計算を不可能にします。遅延シェーディングや遅延ライティングを使用しない場合に使用すると、作成されたゲームのデータファイルのスペースを節約できます。

Always Included Shaders (常設のシェーダー)

シーン中で使用する/しないに関わらず、常にプロジェクトに入れておきたいシェーダーのリストを作成します。ストリーミングされるアセットバンドルからのアクセスを確実なものにするためには、アセットバンドルが使用するシェーダーをこのリストに追加しておくことが重要です。

Shader stripping (シェーダーの除去)

ライティングとフォグに関わるシェーダーを除去することにより、ビルドのデータサイズを小さくし、読み込み時間を短縮します。

設定 説明
Automatic (デフォルト) Unity は、シーンやライトマップの設定を基にして、使用されていない Fog モードや Lightmapping モードを判定し、それに関連する種類のシェーダーバリアントを省きます。
Manual 使用するモードを手動で指定します。アセットバンドルのビルドを行う場合や Fog モードをランタイムにスクリプトから変更する場合は、使用したいモードが含まれていることを確認してください。

Shader preloading (シェーダーのプレローディング)

ゲームの読み込み中にプレロードするシェーダーのコレクションアセットのリストを設定できます。詳しくはシェーダーロードタイムの最適化を参照してください。

関連項目

Quality Settings (画質設定)
スクリプト実行順設定