特殊フォルダーとスクリプトのコンパイル順
スクリプトの制限

ジェネリック関数

スクリプトリファレンスのいくつかの関数(例えば、さまざまな GetComponent 関数) は T または型名を関数名の後に <> 記号で記されている変種があります:

//C#
void FuncName<T>();
//JS
function FuncName.<T>(): T;

これらはジェネリック関数として知られています。これらのスクリプティングにおける重要性は パラメーターの型かつ(または)関数の戻り値の型を指定できることです。JavaScript では、 ダイナミックタイピングの制約を回避するために使用することができます:

// The type is correctly inferred since it is defined in the function call.
//In C#
var obj = GetComponent<Rigidbody>();
//In JS
var obj = GetComponent.<Rigidbody>();

C# では、多くの文字入力やキャストを節約できます:

Rigidbody rb = go.GetComponent<Rigidbody>();

// ...as compared with:

Rigidbody rb = (Rigidbody) go.GetComponent(typeof(Rigidbody));

スクリプトリファレンスに書かれている、ジェネリックの変種をもった関数は、すべてこの特別なコールの シンタックスを使用することができます。

特殊フォルダーとスクリプトのコンパイル順
スクリプトの制限